2016年04月28日

努力を発表する場〜都をどり〜

小谷野です。

京都祇園の舞踏公演「都をどり」を今年も鑑賞する機会に恵まれました。
京都の五花街(*)では、毎年4月に舞踏会を開き、春の訪れを感じます。
一部の若い舞妓さんの練習発表の場でもあることから、学芸会などと揶揄する方もいますが、既に140年以上続く伝統行事であり、COOL JAPANプロジェクトにも大きく貢献していると思います。

この舞踏会のように、日々の努力を発表する場は重要です。
スポーツにおいては競技会、楽器を練習する方にとっては演奏会、経営の世界では決算発表でしょうか。

教育関係者の間でよく使われている言葉を思い出しました。
・努力して結果が出ると自信になる
・努力しないで結果が出るとおごりになる
・努力せず結果も出ないと悔いが残る
・努力して結果が出なくても経験が残る

〜 経験ばかり積み上がる、小谷野でした 〜


*京都の五花街(祇園甲部・祇園東・上七軒、先斗町、宮川町)


20160428ブログ.jpg
posted by 小谷野幹雄 at 17:52| 2016年

2016年04月22日

倫理問題と企業存続〜政治判断と不法行為〜

小谷野です。

企業は時には過ちをおかします。しかし、過ちの内容が単純なミスなのか、意図的で悪意がある倫理に抵触した過ちなのかによって信頼回復の道のりは大きく異なります。

今回の某自動車メーカーの燃費データ改竄は明らかに後者であり、企業の存続に大きな問題が生じるでしょう。
上司の不法・不正な指示に、部下が従ったという話のようです。
にわかには信じられませんが、社会に害を与える不法行為や不正を排除できない企業文化があるようです。

ところで、上司が部下に常識的ではない決断を伝えるときに、「高度な政治判断」と前置きをする場合がありますが、社会に害を与える不法行為には使えません。
某社は過去2回の倫理違反事件を起こし、今回が3回目です。「二度あることは三度ある」の次は、永続的に繰り返されると誰もが受け止めることになります。

〜 信頼回復へ「3度目の正直」はあるのか 小谷野でした 〜

20160422ブログ(加工済).jpg
posted by 小谷野幹雄 at 11:17| 2016年

2016年04月15日

経営は値決め〜利益の最大化〜

小谷野です。

かつてビジネススクールで価格理論(Pricing Theory)を学んだときに、こんなケースがありました。
高齢者が2ヶ月後にNYからシカゴに飛ぶために支払う航空運賃と、ビジネスでどうしても明日、飛ばなければならない人の航空券の価値は全く異なり、10倍の値付けも可能である。
このような利益を最大化するために、航空会社はシステム投資に何百億円も費やすと書かれていました。

最近、このような価格理論を徹底して追求しているケースをいくつか見ました。

<ビジネスホテル>
あるビジネスホテルグループでは、1ヶ月も前に満室になっている店舗があると、その支配人は叱責されるそうです。
早期に満室になるということは、値決めが甘く逸失利益が大きいとの評価になるそうです。
つまり直前に満室になるような価格戦略で利益を最大化することが求められているそうです。ホテル不足の環境もあり、この戦略をとってから客単価が3倍以上になった店舗もあるそうです。

<時間貸駐車場>
時間貸駐車場にとっての、値付戦略は経営の根幹のようです。
近くに工事現場があるのか、大きなオフィスビルがあるのか、周辺競合の駐車場の稼働率は、
・・・事細かく調査するそうです。そして、環境の変化に応じて価格変更を頻繁に行うそうです。

<ゴルフ場>
北海道のあるゴルフ場は、7月のプレー代金8万円と提示しているところがあります。本州の高級ゴルフクラブでも見たことがない値段の高さです。
7月は、本州は梅雨入りで暑くなる不快な時期ですが、湿気も暑気も無く快適にできるシーズン限定での値付けのようです。

〜 家庭でも高く売る努力、小谷野でした 〜



20160415ブログ(加工済).jpg
posted by 小谷野幹雄 at 14:37| 2016年

2016年04月07日

サボテンと日本〜ガラパゴス化の魅力〜

小谷野です。

サボテンを沢山見る機会に恵まれました。
意外ですが、サボテン(cactus)はアメリカ大陸と周辺の島々の一部という極めて狭い地域にしか生息していません。いわばガラパゴス化した植物です。

形のいいものは樹齢数百年、枝分かれするのに70年以上かかるそうです。
小さなものから10mを超えるものまで、形も表情も様々で見ていて飽きません。

ところで、日本の魅力もガラパゴス化、つまり独特の閉鎖された環境で育った文化、製商品、サービスが面白いと言われます。
この魅力もあって年間2000万人という外国観光客を迎えています。

経営の世界で、ガラパゴス製商品として成功しなかったのは、ハイビジョン放送、携帯のiモード、ガラケー・・・などがありますが、逆にガラパゴス戦略で世界に仕掛けられるものは、宅配システム、トイレのウォシュレット等でしょうか。

〜 サボテンの花言葉:(完全には)枯れない愛 実感、小谷野でした 〜

20160407ブログ.jpg
posted by 小谷野幹雄 at 18:59| 2016年