2016年07月29日

相互扶助〜社会の基本理念〜

小谷野です。障害者を大量に殺傷する事件が起きました。
犯人は弱者排除の偏思想の持ち主のようです。

人は生まれて亡くなるまで社会の構成員です。
相互扶助(保険会社の定款のようですが)は、社会の基本理念です。
誰しも突然、自分のことができなくなるかもしれません。
いつ、他の人のお世話になるか分かりません。

過去行ったボランティア活動の中で、健常児と障害児に同じキャンプで交流してもらう企画がありました。
外遊びから帰った子供達の車いすを洗ったり、お風呂で体を洗ってあげたりと、とてもいい汗をかいた記憶があります。

なによりも、一緒に過ごした健常児と障害児の心の中に、無形ですが価値あるものが生まれたと実感できたことが喜びでした。

〜 「皿洗い・掃除・それとゴミ出し、相互扶助よ」!?小谷野でした 〜


20160729ブログ(加工済).jpg
posted by 小谷野幹雄 at 14:09| 2016年

2016年07月21日

役員報酬〜日本基準か否か〜

小谷野です。

上場会社の役員で報酬が1億円以上の方は414人いたと各メディアで報道されました(2016年3月決算)。
日本の会社なのに、高額役員報酬リストの上位にはカタカナの名前がズラリと並び、日本人の名前が少ないのです。
外国人の役員報酬は、日本基準ではなく海外基準で決定されているようです。

日本基準の背景について考えてみました。

・日本企業のROE(自己資本利益率)の低さ
 国際平均の半分程度の水準で有り、ROE最貧国と揶揄されている

・日本の役員は従業員の延長
 法律的には委任(取締役)と雇用契約(従業員)と全く異なるが、意識は人事昇進の一段階。

・日本は役員も終身雇用的な文化がある
 役員退任後も車と秘書がつく顧問等、長く会社から報酬を得るケースも多い。

・日本はストックオプション報酬制度がうまく機能しない
 米国は、上場企業の資金調達は直接金融(株式・債券発行)が中心だが、日本は間接金融(銀行借入)が主流。日本の株式市場に長期安定的な右上がりの傾向が見出せない。


ところで、このような日本独自の要因を割引いても、
日本の大企業の役員報酬は総じて低いと感じます。 

〜 あなたの小遣いは日本基準よ?! 小谷野でした 〜


20160721ブログ(加工済).jpg
posted by 小谷野幹雄 at 15:21| 2016年

2016年07月14日

統計のウソ[2]〜平均値、中央値、最頻値〜

小谷野です。
統計に関する矛盾の続きです。
統計局発表の、「二人以上の勤労者世帯の貯蓄額2015年」を見ると、平均値1309万円、中央値761万円、最頻値100万円未満(13.2%)となっています。(HPやFBなど図が見える環境の方は棒グラフを参照にしてください。)

平均値は、貯蓄総額を世帯数で割った数値であり、中央値は、世帯数の中間点の世帯の貯蓄金額です。最頻値は最も世帯数が多い貯蓄金額の範囲(レンジ)です。

この統計データから全く異なるメッセージが発信できます。

「今、日本の勤労世帯の13.2%が貯蓄100万円未満しかなく多くの家庭が貧困に喘いでいる。(最頻値を強調)」


逆に、
「日本の勤労世帯の貯蓄平均は1300万円を超えており、とても家庭が豊かである。(単純平均値を強調)」

〜 平均的な主夫、小谷野でした 〜


出典:家計調査年報(貯蓄・負債編)平成27年 貯蓄・負債の概況 貯蓄の状況
20160714ブログ.jpg
posted by 小谷野幹雄 at 15:17| 2016年

2016年07月07日

国民投票〜大衆判断は賢か愚か〜

小谷野です。
最近国民投票を行った国の内部が揺れています。
不思議なことに勝利者グループのリーダー達が次々と前線から消えていきます。

ところで、「大衆心理」とは、社会を構成する集団が合理的是非を判断せずに特定の時流に流されることをいうと辞書にあります。
社会心理学で使う「集団心理」の解説には、情動・衝動性、暴力性、一貫性の欠如、単純で不完全な推理、責任感の欠如による付和雷同性があるとされています。

日本でも、財政破綻を避けるための消費増税を国民投票に図れば、長期的な視点よりも目先損益が優先され否決されるでしょう。
国民投票で物事が決まるなら、政治家は不要で、「政治判断」という言葉も死語となるでしょう。

〜 会社の行方も社員投票! 小谷野でした 〜


20160707(加工住済).jpg
posted by 小谷野幹雄 at 17:00| 2016年

2016年07月01日

開かれた株主総会〜さらば、しゃんしゃん総会〜

小谷野です。今週は3月決算会社の株主総会が集中して開催されました。
日本でも「開かれた株主総会」が定着しつつあります。

かつては、株主総会で挙手して質問や意見を言うのは、会社を恫喝して裏でお金を要求する特殊株主(総会屋)でしたが、現在は一般の小口個人株主が質問や意見を言うことが当たり前になってきました。

今年目立ったのは、「経営陣と創業家の対立」、「業績不振経営者の再任に反対する機関(プロ)株主」、会社が起こした事件を追求する個人株主の姿は、いつも通りでしょうか。

珍しく、一般の小口個人株主で総会屋と見間違える発言をする人もいました。
総会屋は、がなり声をだす、会社法などの条文番号をやたらに口にする、些末な質問を長時間する、などが特徴です。
拡大された議長権限を有効に使わないと不条理な質問に膨大な時間を費やすことになります。かつて総会屋との対決となったソニーの12.5時間総会は有名ですね。

〜 質問に誠実に答えなさい(妻)!議事進行! 小谷野でした 〜

20160701ブログ(加工済).jpg
posted by 小谷野幹雄 at 16:59| 2016年