2016年08月25日

芸術は一瞬を永遠に〜諏訪湖の花火〜

小谷野です。

諏訪湖の花火を見る機会に恵まれました。国内最大規模の4万発の打ち上げ、2kmのナイアガラの滝は見事でした。

見上げながら、

・希望に満ちた光の花と思う人
・自分の花を咲かせようと思う人
・一瞬を自分の人生と思う人
・美しいものは長く続かないと思う人、

花火会場は、人の思いも、一緒にいる人も様々。

一瞬で花開き消えていく打ち上げ花火ですが、人々の記憶には強烈な印象を残します。

この打ち上げ花火の感動をいつも見える作品にした人がいます。
全国放浪で有名な日本画家、山下清さんです。
言語・知的障害を持ちながら、絵の世界で優れた能力を発揮しました。
彼の迫力ある、ちぎり紙細工の絵は、一瞬の感動を永続的に鑑賞できる作品にしましたね。

ところで、彼の言葉です。
「みんなが爆弾なんかつくらないで花火ばかりをつくっていたら、きっと戦争なんて起きなかったんだな。」
 
〜 線香花火の人生 小谷野でした 〜



20160825ブログ.jpg
posted by 小谷野幹雄 at 17:41| 2016年

2016年08月17日

オリンピック〜国籍・国境を越えて〜 

小谷野です。

リオデジャネイロオリンピックが始まっています。
様々なスポーツの熱戦に魅了される日々(夜中)が続きます。

ところで、ナショナリズムが高揚する大会ですが、国境や国籍にこだわる時代が後退している一面を見ました。

移民や難民問題は、人種や民族と国との関係性を希薄にしています。
帰化問題は国籍を曖昧にしています。
種目によっては、上位選手の多くが特定の国の出身である場合があります。
自国ではなく、帰化して他国の選手として参加するケースが結構多いようです。
日本選手団も例外ではありません。

経営の世界では、既に企業活動に国境は無くなっており、日本企業の経営者が外国籍であることも、日本企業でも外国籍従業員の方が多い場合もあります。

将来のオンリンピックで、日本語を話さない、日本文化を知らない日本選手を応援できるのだろうか。

〜 あなたは南方系の顔よ、小谷野でした 〜


20160817ブログ(加工済).jpg
posted by 小谷野幹雄 at 16:19| 2016年

2016年08月12日

祝イチロー・メジャー3000本安打〜「小さいことを重ねることが、とんでもない所に行くただひとつの道」〜

小谷野です。

今週イチロー(42歳)が米国メジャー通算3000本安打を達成しました。
日本と合わせると4278安打だそうです。
この他にも、10年連続200安打、シーズン262安打などの大リーグ記録を樹立しています。

彼の名言は数々ありますが、タイトルに引用したものが、一番好きな言葉です。

この他「びっくりするような好プレイが勝ちに結びつくことは少ない。
やるべきプレイを確実にできるチームが強い。」など、マネジメントに関わる人は誰しも頷いてしまう名言を多く残しています。

イチローは不朽の業績を残して偉人の域に入りつつあります。

〜 「どえりゃあ事も、ちょこっとした事の積み重ね」 同郷の小谷野でした 〜


*イチローは愛知県出身、愛工大名電高校で甲子園出場しています。


20160812ブログ(加工済).jpg
posted by 小谷野幹雄 at 09:59| 2016年

2016年08月04日

都知事選挙〜駆使される扇動術〜

小谷野です。

都知事選が終わりました。人の心を掴む候補者の選挙戦略は、興味深いものでした。

1.対立軸(敵)を持つ
 「自民都連をぶっ壊す」など、戦いを挑む候補者には民衆の支持が集まり、応援団も形成されやすいようです。

 「あらゆる人と仲良くして、明るく豊かな未来を創ります」
 このような協調路線では、注目を浴びません。
 企業でも競合者に勝つことをモチベーションとするケースは多く見受けられます。

1.我が身を捧げる覚悟を繰り返す
 「崖から飛び降りる」
 かつて、「殺されてもいい」といった首相もいましたね。情熱を伝える演出です。

1.短い簡潔なメッセージ
 「都知事は都民が決める」
 都知事は政党、組織が決めるものではなく、都議会や一部権力者の言うままの都知事も不
 要であることを言っている。

1.SNSの駆使
 SNSは有権者(特に若者)への架け橋として重要な手段であったようです。
 当選者の「Facebookいいね」、「Twitterフォロワー」の合計数は、他者よりも圧倒的に多か
 った。

 企業活動においても、SNSは重要なマーケ手段です。

〜 ごく身近に対立軸 小谷野でした 〜

20160804ブログ (加工済).jpg
posted by 小谷野幹雄 at 11:39| 2016年