2016年10月28日

名跡と襲名〜100年事業〜

小谷野です。
今週は歌舞伎界襲名イベントでの外出が重なりました。

歌舞伎座は、中村橋之助さんが中村芝翫に、3人の息子が橋之助、福之助、歌之助を襲名する披露公演でした。
また長年応援している市川右近さんが、市川右團次(81年ぶりの名跡復活)、息子6歳タケル君が2代目市川右近を襲名する記念パーティがありました。

伝統芸能を守るためにも名跡を襲名し、精進していくことはとても重要な慣習で、歌舞伎界だけでなく、能、狂言、落語の演芸に加えて、相撲界、船舶の名称まで襲名が行われます。ビジネスモデルとしても素晴らしいものです。

経営の世界では、会社名を名跡にするためには100年企業になることでしょうか。

〜 まずは20年続いた当事務所 小谷野でした 〜


20161028ブログ.jpg
posted by 小谷野幹雄 at 17:11| 2016年

2016年10月20日

ワクワク感〜香港〜

小谷野です。

先週2年ぶりに香港に行ってきました。

香港は中国への返還(1997年)後、50年は旧体制を維持する約束ですが、急速に本土の影響力が強まっています。
今年に入っても、リベラルな出版関係者の拘束など、2014年の雨傘革命の余韻が続いています。


ところで、香港は早朝から深夜まで活気があり、国際色がとても豊かです。
ある統計数値をみて驚きました。観光客の多さです。

香港の人口713万人に対して観光客が2668万人(対人口比374%)も来ています。
中国本土からの日帰り観光客を含めると6000万人を超えているといわれています。

ちなみに日本は人口1億2700万人に対して観光客は2000万人(対人口比15%)
です。(World Tourism Barometer 2015)

日本でもジャングルのような、ワクワク感のある小売店舗を作り、急成長した会社もありましたね。

〜 ワクワク感を出せない、小谷野でした 〜

20161020ブログ.jpg
posted by 小谷野幹雄 at 15:46| 2016年

2016年10月06日

価格と社会情勢〜ニーズの潮流〜

小谷野です。

相続の仕事に関わることが多いので、美術商さんやオークション会社さんとのおつきあいが広くあります。
最近の入手情報です。

リーマンショック以降の特異な傾向として、邦画や茶道具などの和物の価格が下がり続けているそうです。
例外もありますが、著名な日本画家の作品も例外ではないようです。
和物の根強いファンであるシニア層の世代交代による嗜好変化が大きいようですが、ホテルやオフィスでも飾る美術品に和物が少なくなっているようです。

ところで、ゴルフ会員権も史上最安値を更新しています。
こちらはゴルフ人口の減少に加えて、会員権不要でプレーができるコースが多いなどの理由で、需給バランスが崩れているようです。

スポーツ大手のナイキがゴルフ部門から撤退を表明したり、同じくアディダスが、ゴルフ界で著名なテーラーメイド事業を売却しようとしています。

ある社長の言葉を思い出しました。
「今、足りない物は、いずれ余る。今、余っている物は、いずれ足りなくなる。」

〜 ギャンブラーには絶好の投資機会? 小谷野でした 〜


20161006ブログ(加工済).jpg
posted by 小谷野幹雄 at 16:05| 2016年