2017年01月27日

漢字の役割〜同音異義語が多い日本語〜

小谷野です。
最近、漢字が読めない、漢字の読み間違いを頻発しました。

<料亭のコースメニューを見て>
・河豚(フグ)をカッパ(河童)と読んで笑いを誘い、
・蒟蒻(コンニャク)をブドウ(葡萄)と読んで、老眼のせいと言い訳し、
・蕎麦(ソバ)をワラ(藁)ムギなどと読んで、顰蹙を買い、
・無花果(イチジク)は読めずに、無言で冷や汗。

明治時代における日本語統一改革では、漢字の廃止も真剣に議論されたようです。
日本で階級社会が崩壊する過程では、日本語の統一は明治政府が直面した重要な政治課題でした。
公家言葉、武士言葉、町人言葉、農民言葉、さらに地域特有の言葉が入り交じり、日本人同士のコミュニケーションが困難だったようです。
そこで江戸言葉を中心に標準語が形成されたようです。
漢字を廃止して、ひらがな・カタカナ、ローマ字表記なども真剣に議論されたようです。

しかし、同音異義語(ex.こうせい:公正、更正、校正、厚生、後世、攻勢)が多い日本語では、ひらがな・カタカナだけの表記では非常に読みにくく、漢字が存続となったようです。

恥の上塗りですが、ゴルフ場のスタートコースの案内で、楓(かえで)コースをけやき(欅)コースからスタートですとアナウンスしてしましました。

〜 「御前の名前が読めない、と言われる」、小谷野(こやの)でした 〜


20170126ブログ(加工済).jpg
posted by 小谷野幹雄 at 09:03| 2017年

2017年01月19日

思考停止の返事〜昔からです〜

小谷野です。

ある社長には、従業員の返事で危機感が募る言葉があるそうです。

「昔からです」
「従来からです」
「私が担当する前からです」
「かなり前から行われています」
「気づいたときにはこうなっていました」

この社長さんは、このやり方に違法性はないのか、倫理上の問題は無いのか、
もっと良い方法があるのでないか等々、重大な懸念をもって質問をする場合が多いそうです。

優秀な従業員さんは、過去の経緯よりも、現状での合理性を検証して報告してくれるそうです。

確かに、「昔からです」は思考が停止した返答ですから、飲み屋での会話ではよいですが、ビジネスの現場では不適切ですね。

企業存続に関わる不祥事は、突発・単発的なものよりも、長年企業内で疑問を持たれずに繰り返されてきた事がある時、大きな問題になったケースが多いと感じます。

〜 僕の小遣いは?「従来通り!」 小谷野でした 〜

20170119ブログ(加工済).jpg
posted by 小谷野幹雄 at 18:23| 2017年

2017年01月13日

金利上昇とグローバルの転換〜年初挨拶回りより〜

小谷野です。
年初挨拶回り、新年賀詞交歓会で様々な方とお会いし、今年の経済見通しについてのご意見を拝聴しました。
株式相場や雇用環境が堅調なこともあり、不況感を前面に出す人は少なかったように感じます。

金融情勢では、世界的な低金利時代の終焉を予想する声が多かったと感じます。
金利上昇に備えて財務体質の強化の必要性を訴える方、また米国のように既に金利上昇に転じた国にお金がダイナミックに集まる可能性を指摘する方もいました。

大企業の経営者の方々に多かった意見は、グロバーリゼーションの転換でした。
国境無き自由貿易を前提とした戦略から、市場国の雇用を約束するような戦略が必要になりました。
英米で起きた昨年の2大事件はその象徴なのでしょう。

難しい話はさておき、今月の新春新橋演舞場は、市川右近の三代目「右團次」襲名披露公演が行われています。公演後の宴会では、重い名跡を引き継ぐ決意を年頭挨拶として頂きました。

〜 新橋演舞場必見 小谷野でした 〜


20170113ブログ.png
posted by 小谷野幹雄 at 12:00| 2017年

2017年01月05日

税理士法人設立のお知らせ〜謹賀新年〜


あけましておめでとうございます。
小谷野です。グローバル化の影響なのか正月の風物詩が減っています。

・ハガキでの年賀状(息子弁:SNS社会では無意味。)
・着物姿(女性弁:年明けに髪結できる人・店が減った。)
・お年玉袋を山積みする小学生(小学生弁:回る先が少ない。)
・先祖のお墓参り(都会人弁:遠方で行けない)
このほか、門松、獅子舞、寿の箸入れ、車のしめ縄・・・昭和の人間には、顕著な時代の変化を感じますね。

ところで、皆様と100年企業を目指すために小谷野事務所は新年から税理士法人に組織変更を致しました。

現在日本で100年以上存続している企業は2万6000社あるそうです。
中小企業庁の統計では、起業後10年で3割が撤退し、20年では5割が撤退してしまうようです。
小谷野事務所は20年経過し、ようやく成人になりました。
今後も専門サービスの品質向上に努め、有益な情報を「とり」持つ組織として、皆様と共に、100年企業を目指して参りたいと思います。

「共生」は私どもの基本コンセプトです。
本年が、皆様のより良き年になるように心より祈念いたします。

〜 大掃除を年明けにした 小谷野でした 〜



20170105ブログ.jpg
posted by 小谷野幹雄 at 18:11| 2017年