2017年08月16日

MITラボ所長の提言〜現代を生き抜く9の原理〜

小谷野です。

日本人として初めてMIT(米国のマサチューセッツ工科大学)メディアラボの所長になった伊藤穣一氏著、先月出版の『9の原理(プリンシプルズ) How to Survive Our Faster Future』を盆休みに読みました。

伊藤氏はNHKの「スーパープレゼンテーション(*)」の司会者といった方が分かりやすいかもしれません。
デジタルガレージ等IT業界での起業、ベンチャーキャピタリスト、NYタイムズ、CCC(ツタヤ)等々の社外役員を務めています。
秒進分歩(日進月歩)のIT業界で不可欠な原則ですが、成熟した業界でも十分に参考になります。

1.権威より創発
2.プッシュよりプル
3.地図よりコンパス
4.安全よりリスク
5.従うより不服従
6.理論より実践
7.能力より多様性
8.強さより回復力
9.モノよりシステム

プル:必要な情報や資源は抱え込んだりせず、必要に応じてネットワークから取り出す。
マイクロソフトが作った辞書エンカルタは、高価で高度に専門的に設計されたプッシュ思考の製品であったが失敗し、プル型のウィキペディアは成功した。

コンパス:予測不能な世界では、詳細な地図よりもコンパスを持って創造性と自主性で自分の行くべき道を見つけていくことが重要。

〜 海図なき大航海時代のAI&IT業界 小谷野でした 〜



(*)様々な分野で世界最先端を走っている人たちのプレゼンが行われる、TEDカンファレンス(NYが本部)から抽出して番組を編成。


20170816ブログ.jpg
posted by 小谷野幹雄 at 14:39| 2017年

2017年08月10日

福山城(広島県)〜日本の名城訪問〜

小谷野です。

新幹線の福山駅の目の前にそびえる天守閣を見つけ途中下車しました。
名称は福山城(久松城・葦陽城)、公益財団法人日本城郭協会が定めた日本100名城にも入っています。
新規での大型築城としては江戸時代最後の城と言われています。

福島正則が広島城の改修工事をめぐり、武家諸法度違反で改易されたことから、徳川家康の従兄弟である水野勝成が、西国の外様大名に対する防御の意味から転封して築城しました。
築城には江戸幕府の支援手厚く、京都の伏見城から月見櫓をはじめ多くの櫓が移築されました。
しかし、250年後の幕末においては、家康が目論んだ役割を果たすことはできませんでした。徳川幕府のための長州征伐においても、その後の新政府軍の進行を阻む活躍もありませんでした。

〜 新幹線のホームから天守閣が見えます 小谷野でした 〜




20170810ブログ.jpg
posted by 小谷野幹雄 at 14:06| 2017年

2017年08月03日

病気の定義〜大賑わいの病院〜

小谷野です。

久しぶりに健康診断を受けました。
血液検査等の一般検診は、生活習慣病のチェック、改善動機付けには重要です。
結果は、すべての検査項目で問題がないとの判定でありました。

今回、大きな病院の予防センターで受診したのですが、気になったことがあります。
病院内は、人(患者)だらけ、大賑わいなのです。
週何日も病院に通い、複数の診療科をはしごする人たちが数え切れないほどいるそうです。
しかし、よく観察してみると、多くの方が普通に歩行し、明るい顔で談笑し、病人には見えませんでした。
人が群がるイベント会場のようでした。

米国在住中に目にしたのは、日本の内科を忙しくさせる風邪という症状では、誰も病院には行かないことです。
近くの薬局で購入した数ドルのアスピリンを服用、自宅安静で終わりでした。
よほどの重い症状でない限り、病院もまともに相手してくれません。

かつて、日本の高血圧の定義が最高値160mmHgから140mmHgに下げられ、日本で4000万人以上が患者となりました。国民の3分の1を病気認定する基準は正しいのでしょうか。降圧剤の製薬業界は大賑わいですが。

医療費は40兆円を超えても、その増加スピードは止まる兆候がありません。
国家財政が破綻間近の国でおきていることです。
タクシー感覚で救急車を使い、入院日数はできるだけ伸ばす人が絶えない、この国の病気の定義は正しいのでしょうか。

〜 健康なお前には分からない!(先輩方の声) 小谷野でした 〜



20170803ブログ(加工済).jpg
posted by 小谷野幹雄 at 14:41| 2017年