2017年08月10日

福山城(広島県)〜日本の名城訪問〜

小谷野です。

新幹線の福山駅の目の前にそびえる天守閣を見つけ途中下車しました。
名称は福山城(久松城・葦陽城)、公益財団法人日本城郭協会が定めた日本100名城にも入っています。
新規での大型築城としては江戸時代最後の城と言われています。

福島正則が広島城の改修工事をめぐり、武家諸法度違反で改易されたことから、徳川家康の従兄弟である水野勝成が、西国の外様大名に対する防御の意味から転封して築城しました。
築城には江戸幕府の支援手厚く、京都の伏見城から月見櫓をはじめ多くの櫓が移築されました。
しかし、250年後の幕末においては、家康が目論んだ役割を果たすことはできませんでした。徳川幕府のための長州征伐においても、その後の新政府軍の進行を阻む活躍もありませんでした。

〜 新幹線のホームから天守閣が見えます 小谷野でした 〜




20170810ブログ.jpg
posted by 小谷野幹雄 at 14:06| 2017年