2017年10月05日

イグノーベル賞〜ばかばかしいけれど、考えさせられる〜

小谷野です。

現在ノーベル賞受賞者の発表が続いていますが、今回は裏のノーベル賞、イグノーベル賞についてです。
イグノーベル賞のコンセプトは、
「ばかばかしいけれど、考えさせられる。(Make you LAUGH, then THINK!)」。
ノーベル賞受賞者も出席する愉快な授賞式が毎年9月に、ハーバード大学で開催されます。

日本人はなんと11年連続の受賞です。今年は、北海道大学と慶応大学の吉澤・上村准教授による、ブラジルの洞窟にいる、雄と雌の性器が逆転している新種の虫を発見したことで受賞しました。
ちなみに昨年は、立命館大学の東山教授の、股の間からモノを見た視覚効果の研究でした。

本年の他の受賞例は、コーヒーカップを持って後ろ向きに歩けばコーヒーのこぼれが少ないことの発見(ただし、つまずいてひっくり返ることがあるとの注釈あり)、老人の耳が長い証明(引力で年0.22mm伸びるそうです)などなど、愉快な研究内容に溢れていました。

過去の受賞例を見ても、
・キツツキは何故、頭痛がしないかの研究
・十代の若者にしか聞こえない周波数の音で若者撃退機を発明したこと、また逆に活用して、大人には聞こえない携帯電話の呼び出し音(授業中も使える)の開発
・警官が賄賂を受け取ることを拒否した場合に、その警官に報酬を与えたことに対して、タイ王国首都警察に経済学賞が贈られています。

過去の受賞内容はどれも面白すぎて、挙げるときりがありません。
思いつきですが、美女度、イケメン度などの珍新単位の研究をしたら受賞するかも知れません。

〜 イケメン度0.001、小谷野でした 〜


20171005ブログ - コピー.jpg
posted by 小谷野幹雄 at 16:48| 2017年