2017年11月30日

所有と経営の分離〜事業承継現場より〜

小谷野です。

事業承継の専門家として難しいと感じることがあります。
それは中小・中堅企業で、所有と経営を分離して会社を継続、発展させていくことです。

具体的には、会社経営の後継者として息子は不向きであるから、経営は血族以外の優秀な人間に任せて、息子は将来株主(会社所有者)として、配当を受け取れるようにしたいという希望です。
理に叶った話のようですが、議決権の過半数を所有する中小・中堅企業の承継の場合、うまくいきません。

株式を相続した息子が会社の株式を過半数所有していれば、即時に社長以下役員を全員クビにできるのです。
当然、経営者たちはこの支配株主である息子の顔色を常に伺って経営しなくてはなりません。
こんな支配環境で優秀な経営者を招聘することは困難です。
種類株式などの制度を利用して息子の株式に制限を加えれば、実質的な資産価値がなくなってしまいます。

そもそも経営学で言う「所有と経営の分離」は、過半数を超える支配株主の存在を想定していません。
企業の発展に伴い、増資により株主数が増加し、支配株主が不在となり中小株主が増加して、株主が経営全般を管理、関与できなくなるので専門の経営者に任せることをいいます。

うまくいっているケースは支配株主のいない大企業、株主が完全に経営に口を出さない(関心が無い)企業、高い経営者報酬が事前に算式で決められている企業など例外的です。

そこで現実的には、

・継がないという息子を説得する
・能力不足なら教育し専門家人脈を形成する、優秀な従業員がいればMBO
(従業員に株式を委譲する手法)する
・企業価値があるうちに第三者に会社を売却する

これらにより事業継続と成長の可能性が高まります。

大戸屋、出光興産、大王製紙、・・・創業家が過半数株式を持っていない上場会社クラスでも、創業家と経営陣との争いはマスコミをよく賑わせます。

〜 争う双方の損失は巨額 小谷野でした 〜


Fotolia_103572761_XS - コピー.jpg
posted by 小谷野 幹雄 at 15:34| 2017年

2017年11月24日

報道の自由度ランキング〜日本は不自由?〜

小谷野です。

米国のNGO団体、フリーダムハウスの行う調査に「報道の自由度ランキング」があります。
2017年発表の自由度ランキング上位は北欧諸国が占め、北朝鮮(最下位)、中国、ロシアの報道自由度は下位にランキングされています。
米国43位、台湾45位、韓国63位、日本は180ヶ国中72位だそうです。
2010年に11位まで上昇した日本のランキングは年々低下を続けています。
強い安倍政権にマスコミが気を遣って自由度が落ちている、というのがランキング低下の理由のようです。

米国トランプ大統領のマスコミ批判は尋常ではないので、来年以降米国の報道自由度ランキングに影響が出るでしょう。
また、米国報道機関への懸念としては、米国民は37%をマイノリティが占めるのに、報道記者のマイノリティの割合は14%で、公正な報道ができるのかとの指摘もあります。

ところで、個人的には日本が報道不自由な国との意識はありません(これが幻想?)が、それよりもどのチャンネルを見ても、国内偏重、ローカルの種々雑多な事件を同じように長時間取り上げる横並びの報道体制の方が気になります。

〜 家庭の自由度ランキングは? 小谷野でした 〜

20171124 - コピー.jpg
posted by 小谷野 幹雄 at 15:00| 2017年

2017年11月16日

ソニーaibo発売〜倫理・一般教養は誰が教える〜

小谷野です。

ソニーの家庭用ロボットaiboは1996年に大きな反響を呼びました。
なかなか入手困難な製品であった思い出があります。

aiboといえば、今年シリコンバレーで聴いたスタンフォード大学の教授の言葉を思い出します。
ソニーがこの20年前世界に先駆けて発売した家庭用ロボットに、自宅における人間の行動・言動様式の膨大なデータを収集蓄積する仕組みがあったら、ソニーはグーグルを超える会社になっていたと言ったのです。

今回のAIBOはクラウド上のAIが集合知として蓄積していく仕組みがあるようです。
ただし、飼い主(持ち主)とのコミュニケーションレベルを上げる学習目的のようで、将来の家庭内での様々な製品開発が念頭にあるのかは分かりません。

ところで、素人の単純な疑問です。AIは「倫理」を自己学習できるのでしょうか。
ある事件を思い出します。マイクロソフトの学習型人工知能おしゃべりロボット「Tay」が、緊急停止させられた事件です。ネットの様々な会話から学習して、自分でもおしゃべりをTwitter上に投稿していくAIでした。
しかしTayは、人種差別、陰謀論を学習した発言、またヒトラーを礼賛し、ホロコーストはでっち上げと主張する発言をするように育っていき、緊急停止となりました。使う言葉もネット上の言葉で学習しているので、汚いものばかりです。

人間でも、小さい頃から暴力映画「だけ」見て育ったら大変です。
基礎に倫理教育があるから、暴力映画もエンタテイメントとすることができるのです。
AIも基礎に倫理教育、一般教養が欠落していては、SF映画のように人類を滅ぼすことだけを目的にしたロボットが生まれそうで怖いと感じます。今は人類の味方、aibo。

〜 家庭用亭主ロボットは発売しないで、勝てそうもない小谷野でした 〜

20171116ブログ - コピー.png
posted by 小谷野 幹雄 at 10:50| 2017年

2017年11月09日

スーパー歌舞伎U『ワンピース』〜クール・ジャパン〜

小谷野です。

官製クール・ジャパン・ファンド700億円は無駄な税金の費消になると新聞が報道していました。
日本アニメの海外配信事業、日本TV番組の輸出、日本食発信事業など日本文化を世界に発信、事業としても成功させるための投資ファンドですが、官製らしく「投資ありき」から事業計画審査もお粗末で、大方の投資案件が赤字で累損も巨額になっているそうです。

しかし、新橋演舞場は違いました。日本アニメを歌舞伎化した『ワンピース』は、連日多くの外国人顧客を集めて大賑わいです。
『ワンピース』は1997年から週刊少年ジャンプに連載中で、単行本発行が日本漫画最高の3億6000万部を超えたそうです。海外でも42カ国での発行部数は7000万部を超えているそうです。

余談ですが、ハウステンボスでの過去のイベント船、『ワンピース号(サウザンド・サニー号)』クルーズは
大人気で施設の再建に貢献したようです。

このお化けアニメと歌舞伎が融合し、4代目市川猿之助(澤瀉屋)の演出でス−パー歌舞伎Uとして世に登場しました。
少々残念なのは主演の市川猿之助が4日目でカーテンコール最中にスッポンで骨折してしまいました。
現在は尾上右近(音羽屋、6代目尾上菊五郎のひ孫)が代役で上演されています。
若き右近の主人公「ルフィー」も爽やかで良いものです。

〜 自分の大秘宝(ワンピース)は何? 小谷野でした 〜


20171109ブログ.jpg
posted by 小谷野 幹雄 at 14:33| 2017年

2017年11月02日

伝説は反目から生まれる〜東京国立博物館 運慶展〜

小谷野です。

私は、気に入った仏像の前では長時間対座する癖があり、奈良の興福寺はお気に入りの場所です。

現在、上野の東京国立博物館で興福寺再建記念特別展「運慶」が開催中です。
残存少ない運慶の作品ですが、全国31体のうち22体が上野に集まっています。
この貴重な展覧会(11月26日まで)は仏像マニア以外にも人気で、入場制限が出ていました。

平安時代、仏師の世界では京都仏師による定朝様式が公家の間で隆盛を極めており、のっぺりで穏やかな顔の仏像が主流でした。
これに対して奈良仏師、康慶、運慶親子は筋肉隆々の力強さ、目には水晶を使い、生きているような写実性溢れる仏像を作り始めました。
これは、奈良へ左遷させられた奈良仏師による京都仏師への「反目」であったという歴史家もいます。

源頼朝が天下人となり、公家から武士の時代が到来すると、写実的で荒々しい像は時の政権の高い評価を得ていきました。

ところで、伝説の仏師運慶の若い頃の私生活は破茶滅茶で、早くから「反目」精神の塊だったようです。

〜 反目と協調を繰り返す夫婦関係 小谷野でした 〜


20171102ブログ.jpg
posted by 小谷野 幹雄 at 14:29| 2017年