2018年07月12日

母の生き写し、勧玄君〜7月大歌舞伎〜

小谷野です。

今月の歌舞伎座は、市川海老蔵さんとその息子堀越勧玄君の共演が昼夜ともあるのでチケット入手が相当難しいようです。
舞台で拝見した勧玄君の顔は、昨年乳がんで亡くなった小林麻央さんの生き写しでした。

昼間の部は秀吉の太閤記もので、明智光秀(中村獅童)の謀反の後、信長の後継者を決める会議で秀吉(海老蔵)が三法師(勧玄君)を抱いて後継者の地位を固めるお話です。

ところで、2020年の大河ドラマは、この謀反を起こした明智光秀を主役とする『麒麟がくる』に決まり、主演は長谷川博己さんのようです。
麒麟とは、仁のある政治(戦国を終わらせる)と現れる聖なる獣のことで、才能と人徳を兼ね備えている人も麒麟にたとえます。

この明智光秀といえば転職を重ねていく出世魚です。
斎藤道三に仕え、将軍足利義昭に仕え、そして織田信長の盟友となり、大出世を遂げました。
これだけ見事に転職できるのですから、相当な能力があったのでしょう。
中途入社には冷たい成熟企業(普通の大名家)と違い、新興企業(織田信長)の能力主義を徹底した組織の中で目覚ましい出世を遂げたのだと思います。

時代も味方しました。
安定した時代には家柄や年功を重んじるので、光秀のような転職組の出世は難しかったかもしれません。

さて、重用された後の明智光秀謀反の謎は大河ドラマを観ることにします。
歌舞伎座夜の部の源氏物語は、歌舞伎がオペラと能楽を融合し、プロジェクションマッピング技術まで取り込んで進化した舞台となっています。
色事華やかな時代のこと、年配の女官が「恋は闇を照らす人生の光、私は生涯現役」と意味深なことを言っては観客の笑いをとっていました。

〜 闇がないから光に気づかない、小谷野でした 〜


20180712.jpg
posted by 小谷野 幹雄 at 15:16| 2018年

2018年07月05日

株主総会、様変わり〜対応には専門能力〜

小谷野です。

先週は、上場会社の株主総会の開催が集中した週でした。
私も役員として連日壇上の人となりました。

私が社会人となった頃の株主総会とは様変わりです。
昭和の株主総会は総会屋と対決(恭順)するのが最大の課題でした。
当時、総会屋担当になった社員は反社会勢力との対応で、肉体的にも精神的にも大変で、さらにその家族を守るため会社の社員名簿から削除されました。

しかし、今考えてみれば、特殊株主の議決権数は僅かで決議に影響しません。
総会において騒がれたくないという、法律論とは全く関係ない理由で対応していたことに空しさを感じます。

現在は多くの株主が意見を主張する場になり、ファンドなどのモノ言う株主からは、毎年多くの株主提案がなされます。
物言う株主は、法律に準拠した正規の提案ですから、法律的である意味総会屋よりも対応が難しい仕事になります。

総会での決議事項も大きく変わりました。
上場会社は、決算について株主総会の承認が不要になりました。
また配当金の金額も取締役会で決めて総会決議にしない会社もあります。

最近の会社提案の決議事項で重要なのは役員の選任議案です。
収益性(ROE)が低い経営陣には役員選任の反対票が入る傾向があります。
50%台の賛成票で薄氷の再任役員もでます。

このように、会社提案に反対票も常に投じられる時代です。

全く余談ですが、株主優待制度が目的で株式投資をする人は少なくありませんが、株主総会の手土産目当てで総会に出席する方も多いようです。手土産を廃止して、総会の出席者数が激減した会社もあります。
株主総会おみやげ事情なるHPもあり、おみやげの推定金額の記載まであります。

〜 家ではいつも異議ありと言われる、小谷野でした 〜

Fotolia_210540963_XS.jpg
posted by 小谷野 幹雄 at 18:00| 2018年