2018年11月08日

100才時代は既に到来している〜古稀のお祝いより〜

小谷野です。

古稀のお祝いに出席する機会がありました。古稀の意味は、70年も生きる人は希(まれ)であることからきていますが、今では決して希なことではありません。

お祝いのスピーチからの引用です。

「三十、四十は、鼻タレ小僧!
 五十、六十は、花ならつぼみ!
 七十、八十は、働き盛り!
 九十になってお迎えが来たら、百まで待てと追い返せ!」

このスピーチの趣旨は、年配者にさらに元気に長生きしてもらうため勇気づけるものですが、このスピーチで言う100才時代は既に到来していると思われます。


2018年日本の厚生労働省が発表した平均寿命は、女性が87.26才、男性81.09才で過去最高を更新しています。
しかし、この平均寿命は「ピリオド平均寿命」と呼ばれ、現状の死亡率がそのまま続くという仮定ですから、医療の進化、働き方の変化など将来の環境変化が考慮されていません。
一方、将来の平均死亡率の低下を反映した「コーホート平均寿命」は大きな数値になります。
世界的ベストセラー、ロンドン・ビジネススクール教授リンダ・グラットン&アンドリュー・スコット共著『ライフシフト』(東洋経済新報社、2016年)に記載ある研究では、既に2007年に日本で生まれた子供の寿命期待値は、女性114才、男性108才で100才を超えています。

今年の本庶先生のノーベル賞研究のように、がん治療の革命が続いている現状を考えると、「100才時代は既に到来している」というのは絵空事ではないと思われます。定年退職して40年も残りの人生があります。
40年働いて40年リタイア生活というのもバランスが悪く、人生最大のリスクが長生きしてしまうことになってしまいます。
これからは、60代の大学(院)生も増え、冒頭スピーチの「60代はつぼみ、70代80代働き盛り」は現実味を帯びてきます。

〜 エージ・シュート(*)がしやすくなる、小谷野でした 〜

 
(*)ゴルフで自分の年齢以下のスコアをだすことで、多くのゴルファーの憧れのプレーです。

20181108.jpg
posted by 小谷野 幹雄 at 14:57| 2018年