2018年12月13日

未来へのパス〜今を全力に〜

小谷野です。

今月の「のびよう会」は望年会として、目黒雅叙園で行いました。
今年はスポーツ年でした。平昌での冬期オリンピックで日本選手団は史上最高の成績を納め、ロシアでのサッカーワールドカップでは日本は見事に1次リーグを突破して決勝トーナメントに進出しました。

そこで講師には、TVでもおなじみのスポーツ・ジャーナリスト、元Jリーガーの中西哲生さんをお招きし「サッカーから学ぶ勝つための組織づくり」の講演を頂きました。

中西さんは、私が役員を拝命している、
一般財団法人ユナイテッド・スポーツ・ファウンデーションの賛同アスリートとして復興支援の町でのサッカー教室などで大変お世話になっています。講演では沢山の「気づき」を頂きました。

<モチベーション力>
自発力が組織活力の源泉
選手や部下が心のコップを伏せているのをひっくり返して上に向け、積極的になってもらうには、まずは相手に興味を持たせる事が最も大切で、何故やるのか納得できる説明、そして表情は笑顔で接することが重要。

<今を全力で生きる>
長友選手のインタビュービデオは記憶に残る物でした。
中西さんの質問「5年後の自分が、現在の自分へのアドバイスをするとしたら」
長友選手の回答「今を全力で生きなければ未来がない」

全力で生きるために念頭に置くことは、
残された時間は少ない
未来の時間をいま使わない
今やらずに先送りしたら、未来の時間を消費してしまう

そして、中西さんが名古屋グランパス時代に師事したアーセン・ベンゲル(*)監督の言葉は印象に残りました。

Pass should be future.
Not past, not present.
(パスは未来に出すもので、過去や現在に出すのではない。)

<自分が変わるのが楽>
変えられない物はたくさんある。
審判、観客、会社、社会、家族・・・
誰かがなんとかしてくれるわけではない
変えられない物を変える努力よりも自分が変わる方が楽
例:判定を覆そうとするのではなく、もっと高度な技術を身につければ良い

〜 そだねー(2018年の流行語大賞)小谷野でした 〜


(*)アーセン・ベンゲル
95-96名古屋グランパスで指揮を執った後、
イングランドプレミアリーグ・アーセナルの監督を22年務めた歴史に残る名監督。


2018121301.JPG
2018121302.JPG
posted by 小谷野 幹雄 at 14:12| 2018年

2018年12月06日

空白恐怖症〜スマホで目つきが悪くなった?〜

小谷野です。
電車の中で、眉間にしわを寄せた顔をたくさん見かけます。
殆どの人がスマホの画面とにらめっこしています。
人々の表情だけを見ると、治安の悪い国に来たみたいです。

ゲームに夢中な人は必死なので表情は険しく、仕事メールやプライベートSNSを指で打っている人の表情も忙しそうで険しいです。
楽しくない内容も多いようで、読みながら眉間にしわを寄せていくケースもよく見ます。
また私のように老眼で、眉をひそめないと文字を読めないおじさんもいます。

ところで、働き方改革によって今の社会人は昭和の時代と比較にならない程長いプライベートの時間を持てるようになりました。
しかし、スマホはこのプライベートな時間まで忙しくさせ、時の経過を早めているように感じます。
トイレも食事中もスマホを肌身離さず、枕元にも置いている人が多いようです。
これでは体の休暇は増えましたが、脳の休暇は減っているのではないでしょうか。
休みなく脳にストレスを与え続けると、脳の健康を阻害しないかと心配になります。

今週、小学館の国語辞典「大辞泉」の新語大賞2018年で、「空白恐怖症」が選ばれました。
常に忙しくないと不安になり、予定がないことを恐れる心情を病気に例えた言葉のようです。
現代人は、浦島太郎の竜宮城にいて、楽しさ(忙しさ)からふと我に返ると時の経過が異常に早かったことに気づき、平均寿命の伸びに反して人生は短くなったと感じるのかもしれません。

〜 顔のリフティングがしたい、小谷野でした 〜


20181206.jpg
posted by 小谷野 幹雄 at 13:32| 2018年