2017年03月24日

シリコンバレーの生態系(1)〜豊富な人材〜

小谷野です。

米国カリフォルニア州のシリコンバレーを訪れました。世界をリード(支配)する新しい先端技術企業が、次々と産声をあげる有名な場所です。

名前の由来は半導体の主原料のシリコンの渓谷(Valley)と呼んだことから始まったようです。
また、シリコンバレーという明確な街があるわけではありません。
サンフランシスコから車で約1時間南下した地域を言いますが、最近は拡大されて、サンフランシスコまで含めて呼んでいる場合もあるようです。

アップル、グーグル、フェイスブック、ヤフー、アドビシステム、イーベイ、インテル、・・・先端技術の企業が本社を置いています。
このシリコンバレーにある世界のトップスクール、スタンフォード大学の教授から話を聞く機会に恵まれました。シリコンバレーの生態系についてです。

・豊富な人材
 世界から優秀な人材が集まっています。母国のトップスクールを卒業した後、
 起業のためシリコンバレーに来ている人も多いようです。
 インド、中国を筆頭に人種のルツボと言ってよいでしょう。

トランプ政権が掲げる移民政策により、シリコンバレーは大きな打撃を受けます。
シリコンバレーの多くの企業が、トランプ政権に早い時期からノーを明確に主張しています。
その報復として、サンフラシスコからシリコンバレーへの鉄道建設の連邦予算が、トランプ氏の大統領就任直後に停止されたそうです。この鉄道建設は周辺住民の長年の切望であったそうです。

余談になりますが、自動車配車のウーバー・テクノロジーは、トランプ政策支持を訴えたと同時に、数万人のユーザー会員から解約されたそうです。

そういえば、アップルの創業者スティーブ・ジョブスの父はシリアからの留学生でしたね。
・・・つづく

〜 東京渋谷のビットバレーも負けるな 小谷野でした 〜

20170324ブログ.jpg
急ピッチで進む新アップル本社建設 2017年4月から6ヶ月かけて1万2千人の社員が引っ越すそうです。東京ドーム6個分の新社屋は、地元では宇宙船と呼ばれています。
posted by 小谷野幹雄 at 14:45| 2017年