2017年04月14日

ニューヨークにて〜JETRO訪問〜

小谷野です。

米国ニューヨークのジェトロ(日本貿易振興機構)を訪問しました。
大統領令(議会の承認なく、大統領が行使する行政命令)が次々と停止に追い込まれるトランプさんですが、JETROから見たトランプ政権の注目政策は次のようです。

・NAFTAやTPPなどの地域単位ではなく、通商は二国間交渉へシフトしていく
・関税制度を厳格に運用する
・他国の為替介入への姿勢を強化する
・インフラ投資100兆円
 (たしかに米国は、道路、橋、空港設備は老朽化が著しい)

余談ですが、トランプさんが空港からマンハッタンのトランプタワーに戻る時に、「発展途上国に来たのかと勘違いする。」と言うように、NYの道はどこもガタガタです。

・医療保険 国民皆保険を目指したオバマケアを廃止
・ビザ発給の厳格化

また、JETROでは、海外でビジネスを始める企業の進出相談を行っていますが、NYでは日本食ブームもあり、飲食業の相談が多いそうです。
NY以外の注目地域は、テキサス州のダラスだそうです。
最近トヨタが米国本社をカリフォルニア州からテキサス州ダラスに移転、集約していることが報道されていましたね。

理由は、
・州税として法人所得税が無い
・最低賃金が低い
・労働力が豊富
・労働組合の組成が不要
・ビジネスの規制が少ない
・生活コストが低い

〜 ダラスの不動産投資の話は日本でもよく聞きます 小谷野でした 〜


20170414ブログ.jpg
グラウンド・ゼロ(テロで崩壊した貿易センタービルの後継建物)
posted by 小谷野幹雄 at 11:37| 2017年