2017年04月27日

ニューヨークにて[3]〜不動産投資事情〜

小谷野です。
クライアントへの情報入手のため、NYの不動産会社にて昨今の投資事情をお伺いし様々な物件を見せて頂きました。

現状でのマンハッタン物件の投資利回りは2〜3%にも関わらず、取引は活発なようです。
これは、マンハッタンが、新規の開発余地が少なく、世界のお金持ちが集まることもあり、また不動産価格が超長期にわたって右上がりを続けている(勿論リーマンショックのような価格下落局面もあります)、すなわち長期保有で損をしない過去の実績がものをいっているようです。

一方、NY郊外の一軒家の投資利回りは5〜8%ですので、借入(金利水準は30年固定で4.5%程度)をして不動産投資をする方も多いようです。

<マンハッタンのエリア別特徴>
・アッパーイースト(北東):セントラルパークの東側
 お年寄りなど、長期に住むための高級住宅エリア。

・アッパーウエスト(北西):セントラルパークの西側
 東と同じように高級住宅エリアですが、西側はコロンビア大学など学校があり
 若者も多い。 ジョンレノンが住んでいたダコタハウスもこのエリアにある。

<南地区>
 芸術家、音楽家が多いエリアです。
 トライベッカ、チェルシー地区の家賃は高額です。

〜 30億円のマンション、使うのは年1回の人も 小谷野でした 〜


20170427ブログ.jpg
セントラルパークが見える部屋は高額
posted by 小谷野幹雄 at 13:49| 2017年