2017年06月29日

コカコーラ〜アトランタ訪問[2]〜

小谷野です。

ジョージア州アトランタといえばコカコーラ発祥の地です。
コカコーラは、1886年薬剤師のジョン・ペンバートン氏が調合した頭痛薬を、たまたま炭酸水で割って飲んだらおいしかった、という偶然から始まったそうです。
これに目を付けた薬業者キャンドラー氏が、レシピ等の権利をペンバートン氏から購入して、全米に広めていったそうです。

コカコーラのように、発明考案した人と事業を拡大した人が異なるケースは数多くあります。
有名なケースではマクドナルドです。マクドナルド兄弟は、1948年カリフォルニア州で画期的なハンバーガーのドライブインを始めました。
顧客へのスピーディなサービス、効率的キッチン、セルフサービス等の斬新なアイデアが凝縮された店を作りました。
この店に魅せられたのが、ミルクシェーキ製造機械販売会社社長のレイ・クロック氏で、フランチャイズ(FC)契約をマクドナルド兄弟と締結して、全米に広めていきました。
巨大になったFC側のレイ・クロック氏が1961年マクドナルドの全ての権利を270万ドルで兄弟から購入しました。

7月29日に公開される映画「ファウンダー〜ハンバーガー帝国のヒミツ〜」で詳しく見ることができます。
セブンイレブンも、日本でのライセンス契約を受けたイトーヨーカ堂が後に米国本社のセブンイレブン社を買収しましたね。

〜 発明家でも事業家でもない 小谷野でした 〜


20170629ブログ.jpg
アトランタのコカコーラ博物館
posted by 小谷野幹雄 at 17:34| 2017年