2017年07月27日

できます、やります、まかせてください〜元気な会社の文化〜

小谷野です。

元気な会社の社長さんとゴルフをご一緒しました。
会社の業績は絶好調のようです。社員の方々も笑顔が多い、
元気印いっぱいの会社です。
この元気印の会社経営に関して2つのことに興味を持ちました。

1.競争の激しいビジネスに参入する
ブルーオーシャン(競争がない市場)を探す経営者が多い昨今、真逆の発想をトップが持っています。
特に逆説的な深い意味はないそうです。
人の裏を行く事業(競争の少ない分野への参入)は、マーケットは確立しておらず、市場規模も不明で、大きな努力が実らないリスクが高い。
一方競争が激しいと言うことは、マーケットが既に確立し市場規模もあるので、やり方次第で大きな努力が大きく実る市場と映るようです。

2.社員が「できない」と言わない企業文化
「できます」「やります」「まかせてください」
この3つが社員の合い言葉だそうです。

「できません」という否定的な言葉を使わない営業姿勢に、顧客支持は絶大のようです。
確かに、「できません」と言った段階で思考回路は閉鎖されます。
「できます」と言ってその後どうしたらよいかを考えて考え抜く社員の成長は大きいでしょう。
人は本来、勉強や仕事は嫌いです。
「できません、わかりません、前例がありません」とシャッターを下ろして手仕舞いしてしまえば、楽ですが成長はありません。
専門家であるサムライ業が何でもできると言ったら問題ですが、営業カンパニーでは素晴らしい文化です。

〜 家で空手形「やります」 小谷野でした 〜


20170727ブログ(加工済).jpg
posted by 小谷野幹雄 at 14:53| 2017年