2017年09月08日

“YES” changed my life〜はい、喜んで〜

小谷野です。

ションダ・ライムズ(Shonda Rhimes)さんのプレゼンテーションを聴きました。
ションダさんは、米国のTVプロデューサー・脚本家であり、全米(全世界)でのヒットメーカーです。
彼女の作品には年間400億円もの制作予算がつき、タイタン(神)と呼ばれています。
仕事が大好きで、懸命に働くことに何の疑問も持たない。
そんな彼女も働き過ぎ、燃え尽き、仕事が嫌いになった時期があったそうです。
そんな時に、彼女はある事を行って元の情熱を取り戻しました。

それは、従来ならNOと即答する、不安や苦手なオファーにも、全てYESと答える実験でした。
幼い娘の「一緒に遊んで」に、どんなに忙しくてもYESと答えて一緒に遊び、講演会やTV生出演は大嫌いでもYESと答えていくと、恐怖心、社会不安が無くなり、スランプ前の仕事への情熱を取り戻すことができたそうです。

”YES” changed my life.

YESという一言の力が驚くべきモノであったと語っています。

昭和の時代、私が新入社員だった頃、先輩に言われました。
先輩・上司の指示には全て「はい、よろこんで」と返事をしなさいと。
今ならパワー・ハラスメントとして問題になりそうですが、仕事を選ばず目の前の事に全力投球する姿勢、何よりも人間関係がスムーズにそして拡大していくのが実感できました。

〜 ゴミ出して はい喜んで! 小谷野でした 〜


20170908ブログ(加工済).jpg
posted by 小谷野幹雄 at 14:05| 2017年