2017年10月19日

イーロン・マスク〜未来に真摯に接するカリスマ〜

小谷野です。

イーロン・マスク(Elon Musk)氏がTVインタビューに出ていたので、見入ってしまいました。

彼は南アフリカ出身のカリスマ経営者、いや、カリスマ起業家と呼ぶべきでしょう。
Paypal、スペースXを起業し、電気自動車のテスラ・モーターズのCEOでもあります。
販売台数がGMの100の1にも満たないテスラ・モーターズの時価総額はGMを抜き、米国最大の自動車メーカーとなっています。

最近は穴掘りに夢中だそうです。目的は、ロサンゼルスのような渋滞の激しい街の地中深くに、車を載せたパレットの完全自動運転により200kmで移動できる道路を作り、渋滞を軽減する社会を実現するそうです。
街の中心地から数分で空港まで到着できる構想です。

ところで、車の自動運転技術は、ほぼ完成されており、現状でもロスからNYまで全くの手放し自動運転で到着できるそうです。

イーロン氏の話す内容は、常に未来に真摯に直面した構想であり、夢物語を聞いている感は全くありません。
本当にそうなるであろう近未来の明確な像を結ぶことができます。

そういえば、日本のベンチャー企業でも、あまりに遠い抽象的な未来を見ていた企業より、近未来をしっかり見つめていた企業の成功事例が多かったと感じます。

〜 カリスマぐうたら 小谷野でした 〜


20171019ブログ.jpg
posted by 小谷野幹雄 at 14:36| 2017年