2017年11月24日

報道の自由度ランキング〜日本は不自由?〜

小谷野です。

米国のNGO団体、フリーダムハウスの行う調査に「報道の自由度ランキング」があります。
2017年発表の自由度ランキング上位は北欧諸国が占め、北朝鮮(最下位)、中国、ロシアの報道自由度は下位にランキングされています。
米国43位、台湾45位、韓国63位、日本は180ヶ国中72位だそうです。
2010年に11位まで上昇した日本のランキングは年々低下を続けています。
強い安倍政権にマスコミが気を遣って自由度が落ちている、というのがランキング低下の理由のようです。

米国トランプ大統領のマスコミ批判は尋常ではないので、来年以降米国の報道自由度ランキングに影響が出るでしょう。
また、米国報道機関への懸念としては、米国民は37%をマイノリティが占めるのに、報道記者のマイノリティの割合は14%で、公正な報道ができるのかとの指摘もあります。

ところで、個人的には日本が報道不自由な国との意識はありません(これが幻想?)が、それよりもどのチャンネルを見ても、国内偏重、ローカルの種々雑多な事件を同じように長時間取り上げる横並びの報道体制の方が気になります。

〜 家庭の自由度ランキングは? 小谷野でした 〜

20171124 - コピー.jpg
posted by 小谷野幹雄 at 15:00| 2017年