2018年03月01日

逆境から這い上がった人の強さ〜平昌オリンピック〜

小谷野です。

今回の平昌オリンピックでの日本選手のメダル獲得数は13個、8位までの入賞者総数は98人で史上最高の成績だったそうです。

今回オリンピックで目立ったのは、逆境から這い上がった人たちの強さでした。
ある金メダリストは、オリンピック直前に大きな怪我をするという逆境がなかったら、金メダルは取れなかっただろうと言いました。他にも怪我からナショナルチームに復帰しての入賞者は少なくなかったようです。

また2回前のバンクーバー大会に出場するも、前回ソチオリンピックの代表選考から漏れた選手が今回の平昌で代表に返り咲き、金・銀・銅の3つのメダルを取りました。前回大会で選考から漏れるという、悔しい思いを背に積み上げた努力のすさまじさは、想像に難くありません。

ところで、経営の世界でも同じで、どん底を経験した会社や経営者は強いものがあります。
突如の主力商品売上激減やリーマンショックなどで倒産直前までいった会社の劇的な復活事例は少なくなく、その後の成長にも目を見張るものがあります。
失敗は成功の母などと言いますが、逆境や失敗を人や会社の成長の糧にしなくてはならないと、考えさせられます。

米国シリコンバレーのベンチャーキャピタルは、過去に失敗を経験している経営者を日本のようにマイナスではなく、逆にプラスとして評価する傾向が強いですが、その理由の推量です。

・逆境に陥った理由を分析して改善策を真剣に考える
 二度と失敗しないための独自の哲学を作ります。

・順境を感謝するようになる
 社内外の関係がよくなります。

・順境の中でも真剣な努力をする
 人は順境の中では努力を惜しみます。

〜 不撓不屈(ふとうふくつ)を見た平昌大会、小谷野でした 〜

Fotolia_115680816_XS - コピー.jpg
posted by 小谷野 幹雄 at 16:30| 2018年