2018年06月21日

心づくしの相場〜6月大歌舞伎〜

小谷野です。

今月の歌舞伎座の夜の部の「巷談宵宮雨(こうだんよみやのあめ)」では、妙蓮寺住職だった龍達(中村芝翫)がお寺に埋めて隠した金100両の発掘を甥(尾上松緑)に依頼したところ、見事に甥が発掘に成功して戻ってきました。

お礼を3割の30両位と見込んでいた甥が、お礼がたった2両であったことに腹を立て、叔父を殺して100両を奪うシーンがあります。

芝翫(橋之助)のケチケチぶりの演技が見物なのですが、1割位のお礼をすれば殺されずに済んだのかも知れません。

先週末のアラ還(60才に近い)の友人の結婚式では、ご祝儀の金額で悩んでしまいました。このような祝儀、御礼、心づくしの金額にはいつも悩まされます。
海外旅行でも、スマートな旅行者であるためのチップの相場を頭痛の種と感じる人も多いのではないでしょうか。

ところで、法律でお礼について定めているのは遺失物法28条1項でしょうか。
落とし物の返還を受ける場合には拾い主に5−20%の報労金を支払う事(義務)になっています。
やっぱり、前述歌舞伎の欲深叔父さんの2両(2%)の御礼は少なすぎたようです。
同時演目の「夏祭浪花鑑(なつまつりなにわかがみ)」も、団七九郎兵衛を人間国宝である中村吉右衛門が、お辰を中村雀右衛門が熱演中で見物です。

〜 無償(見返りを一切求めない)の愛はあるのか、小谷野でした 〜


20180621.jpg
posted by 小谷野 幹雄 at 13:56| 2018年