2018年08月16日

天才とストラディバリウス〜古澤巌さんコンサート〜

小谷野です。

「古澤巌のヴァイオリンの夜」全国ロードの最終日に行ってきました。
クラシックの枠組み超えた、古澤巌さんのバイオリン演奏は楽しい。

このツアーでは、彼はストラディバリウス(サン・ロレンツォ)を使いました。
時価は10億円とも言われています。
持ち主は、宗次徳二・直美ご夫妻、カレーハウスCoCo壱番屋の創業者です。
孤児院、極貧生活から贅を嫌う伝説の異端経営者、宗次徳二さんの生き方は、映画化もできると言われています。
宗次さんは2015年、ハウス食品にCoCo壱番屋の全株式を売却し、従来から深い造詣がある社会貢献活動に専心されています。

クラシック音楽の世界でも宗次ホールを建設、経済的理由で進学できない音楽家への援助、このような名楽器の無償貸与も行っています。

ちなみに、古澤さんが今回使ったストラディバリウスが次回お目見えするのは、10月に東京六本木ヒルズで行われる、ストラディバリウス展覧会だそうです。

ところで、クラシックという堅苦しさがない演奏会は大衆受けしているようです。
例えば今年5月に行われた、古澤巌、高嶋ちさ子、葉加瀬太郎3名のヴァイオリニストによるHats Music Festivalは、東京国際フォーラムAホール(定員5000人)が満員という異例の状況でした。

高嶋ちさ子さんの毒舌もあり、終始大笑いの渦に包まれる楽しい演奏会でした。

無関係ですが、古澤巌さん主演の「旅するイタリア語」(NHK・Eテレ)が再放送中ですが、視聴率は良いそうです。

〜 10億円の音色の違いが分かるか怪しい、小谷野でした 〜

20180816.jpg
posted by 小谷野 幹雄 at 15:32| 2018年