2018年08月30日

夏休みの自由研究〜雷の仕組み〜

小谷野です。

あっという間に夏休みシーズンが終わります。
宿題に大慌ての子供達も多いのではないかと思います。

この夏、群馬県で大きな雷に遭遇しましたので、雷の自由研究です。

・雷はどのように発生するの?
 地表の湿った空気が暖められて上昇気流となり、上昇して氷点下に達すると
 雲の中に氷の塊ができ、重さで下降する際に氷の粒どうしがぶつかって電気が発生し
 大きくなると積乱雲になり、電気の力も大きくなり、放電して落雷になるそうです。
 ところで、雷の発生しやすい時期は夏だと思っていましたが、
 石川県のように冬に多い地域もあるようです。

・雷の落ちやすい場所は?
 これは、背の高い場所、金属類などの素材とは関係がないようです。
 大きな木の下で雨宿りしている時に木に雷が落ちて、人に電気が飛び移る(側撃雷)
 の事故も多いそうです。

・雷の発生場所との距離の測り方
 これは、正解者も多いでしょう。
 音速の毎秒340mに稲光の後に音がした秒数を掛ければよい。
 光ってから3秒後に音がなったら340m×3=1020m先で落ちたことになります。

・雷が鳴るとおへそを隠すのは何故?
 雷発生時には急激に温度が下がるので、体調管理のために
 お腹を冷やさないようにする説、へそを押さえて低い姿勢をとって
 雷が落ちにくくするするためなどの諸説があるようです。


参考文献:『おもしろサイエンス雷の化学』
     妹尾堅一郎監修、雷研究会編、日刊工業社新聞社

〜 ○年○組、小谷野でした 〜


Fotolia_217353172_XS.jpg
posted by 小谷野 幹雄 at 17:25| 2018年