2018年09月27日

洗足学園音楽大学公演会〜音楽は、ひと、未来、世界をつなぐ〜

小谷野です。

神奈川県川崎市の洗足学園と言えば小学校受験、いわゆるお受験の世界で著名中学への進学率の高い初等部が有名ですが、音楽大学としても平原綾香さんはじめ著名なアーテストを多数輩出しています。

今週、この音楽大学の新教授による就任披露演奏会があると聞いて駆けつけました。
声優アニメソングコースの教授に就任した堀江美都子さんは、70年代のミリオンセラーであるキャンディ・キャンディの主題歌はじめ、紅三四郎、ひみつのアッコちゃん、サザエさんのうたの披露で、ホールの年配方々が盛り上がっていました。
東京芸大首席卒業の清水将仁さん(ピアノコースの教授就任)のピアノ演奏も特筆モノでした。

大トリはお目当ての古澤巌さん(弦楽器コース客員教授就任)と学生達の演奏。
個人的にお気に入りのイタリア人作曲家、ロベルト・ディ・マリー(1956〜)の「Side to Side」を白い革靴、スカーフ、帽子といった出で立ちで踊りながら演奏している身のこなしは、マイケルジャクソンがバイオリンを持っているようでした。

ところで、音楽とは何なのかを説明しようとすると、コミュニケーションの手段、絵画などの空間芸術ではなく時間芸術、律動・旋律・和声・・など哲学的になりますが、この音楽大学のコンセプト「ひと、音楽、未来、世界をつなぐ」はとても分かりやすいものでした。

〜 全部無料なので心苦しかった、小谷野でした 〜


20180927.jpg
古澤氏の本年発売のCDジャケット(ナポリの卵城前で決めています。)
posted by 小谷野 幹雄 at 15:17| 2018年