2017年12月14日

GET IT DONE!〜カリスマ起業家・千本氏〜

小谷野です。

今月の「のびよう会」は望年会として、目黒雅叙園で行いました。
講師には、尊敬する経営者、カリスマ起業家とも呼ばれる千本 倖生(せんもとさちお)氏をお迎えしました。

昨今、電話料金を気にせずに通話ができるのは、千本氏のおかげです。
遠距離恋愛をしている人には神様みたいな存在です。
かつては給与の半分以上が電話代に消えていたのです。

通話インフラが電電公社独占の時代に、民間力で第二電電(現KDDI)を設立し、通信業界に大競争を引きおこしました。
その後、日米の大学教授を務め、ITバブル期にスマートフォン時代到来の予感を持ち、イーアクセス、イーモバイル(現Y!mobile)を創業し上場させました。

現在は、グリーンエネルギーの株式会社レノバの代表取締役会長として、今年マザーズに上場、近く東証一部指定替えの予定です。
グリーンエネルギーの比率が極端に低い日本では、この環境に優しいエネルギー分野は大きな成長余地があるとの見通しでした。

以下、記憶に残った言葉です。

1.メガトレンドをつかめ!
2.社会的使命を持て(金儲けだけではダメ)!
3.大きな夢を持て!
4.Get IT Done!(行動しろ)
5.マネジメント編成など周到に準備しろ!

真のシリアル・アントレプレナー(*)千本氏の言葉は、参加した者の志に大きな火をつけました。

(*)ひとつの会社・事業ではなく、複数の会社・事業を興して成長させる連続起業家をいい、日本人では少ない。

〜 参加者は豆腐屋に、一丁(1兆円の目標売上)!二丁! 小谷野でした 〜

20171214ブログ.jpg
posted by 小谷野幹雄 at 16:00| 2017年

2017年12月07日

サービスがタダの国〜NYU Pan Asia Alumni〜

小谷野です。

前週末に、私のビジネススクール出身校であるニューヨーク大学イベント「アジア大会」が、総長始め世界のОBを招いて東京アメリカンクラブで開かれました。

小池百合子東京都知事が、東京の魅力と、東京都が取り組む海外からの投資支援の諸制度の紹介を、カイロ・アメリカン大学出身の流暢な英語で解説、最後にトランプ流に「Make Tokyo Strong Again!」と会場を沸かせていました。

また、昨年伊勢志摩サミットを成功させた鈴木三重県知事が、伊勢神宮はじめ地方都市の魅力を、林文科省大臣、ドイツ経済学者、米国法律家、芸術家、外資金融トップ等豪華面々がパネリストとして日本の問題や魅力を浮き彫りにしていきました。

印象に残ったのは、日本では人手のかかる「サービス」を価格に転嫁しない価値観の異質性の指摘でした。
たとえば、電車内のワゴンサービスで水を購入しても、駅の自動販売機で買ってもほぼ同じ値段であることに疑問を提示していました。

そういえば海外ではスーパーで50円の缶ビールも、レストランに入れば同じモノが500円になりますね。
目に見えるモノだけでなく、目に見えないサービスの価値観(価格)が健全化しないと日本の賃上げ論争は空回りしそうです。

〜 Japan as No.1(*) は再来するか 小谷野でした 〜


*「Japan as No.1(Lessons for America)」1979年ハーバード大のエズラ教授による ベストセラー本 


20171207ブログ.jpg
posted by 小谷野幹雄 at 16:02| 2017年

2017年11月30日

所有と経営の分離〜事業承継現場より〜

小谷野です。

事業承継の専門家として難しいと感じることがあります。
それは中小・中堅企業で、所有と経営を分離して会社を継続、発展させていくことです。

具体的には、会社経営の後継者として息子は不向きであるから、経営は血族以外の優秀な人間に任せて、息子は将来株主(会社所有者)として、配当を受け取れるようにしたいという希望です。
理に叶った話のようですが、議決権の過半数を所有する中小・中堅企業の承継の場合、うまくいきません。

株式を相続した息子が会社の株式を過半数所有していれば、即時に社長以下役員を全員クビにできるのです。
当然、経営者たちはこの支配株主である息子の顔色を常に伺って経営しなくてはなりません。
こんな支配環境で優秀な経営者を招聘することは困難です。
種類株式などの制度を利用して息子の株式に制限を加えれば、実質的な資産価値がなくなってしまいます。

そもそも経営学で言う「所有と経営の分離」は、過半数を超える支配株主の存在を想定していません。
企業の発展に伴い、増資により株主数が増加し、支配株主が不在となり中小株主が増加して、株主が経営全般を管理、関与できなくなるので専門の経営者に任せることをいいます。

うまくいっているケースは支配株主のいない大企業、株主が完全に経営に口を出さない(関心が無い)企業、高い経営者報酬が事前に算式で決められている企業など例外的です。

そこで現実的には、

・継がないという息子を説得する
・能力不足なら教育し専門家人脈を形成する、優秀な従業員がいればMBO
(従業員に株式を委譲する手法)する
・企業価値があるうちに第三者に会社を売却する

これらにより事業継続と成長の可能性が高まります。

大戸屋、出光興産、大王製紙、・・・創業家が過半数株式を持っていない上場会社クラスでも、創業家と経営陣との争いはマスコミをよく賑わせます。

〜 争う双方の損失は巨額 小谷野でした 〜


Fotolia_103572761_XS - コピー.jpg
posted by 小谷野幹雄 at 15:34| 2017年

2017年11月24日

報道の自由度ランキング〜日本は不自由?〜

小谷野です。

米国のNGO団体、フリーダムハウスの行う調査に「報道の自由度ランキング」があります。
2017年発表の自由度ランキング上位は北欧諸国が占め、北朝鮮(最下位)、中国、ロシアの報道自由度は下位にランキングされています。
米国43位、台湾45位、韓国63位、日本は180ヶ国中72位だそうです。
2010年に11位まで上昇した日本のランキングは年々低下を続けています。
強い安倍政権にマスコミが気を遣って自由度が落ちている、というのがランキング低下の理由のようです。

米国トランプ大統領のマスコミ批判は尋常ではないので、来年以降米国の報道自由度ランキングに影響が出るでしょう。
また、米国報道機関への懸念としては、米国民は37%をマイノリティが占めるのに、報道記者のマイノリティの割合は14%で、公正な報道ができるのかとの指摘もあります。

ところで、個人的には日本が報道不自由な国との意識はありません(これが幻想?)が、それよりもどのチャンネルを見ても、国内偏重、ローカルの種々雑多な事件を同じように長時間取り上げる横並びの報道体制の方が気になります。

〜 家庭の自由度ランキングは? 小谷野でした 〜

20171124 - コピー.jpg
posted by 小谷野幹雄 at 15:00| 2017年

2017年11月16日

ソニーaibo発売〜倫理・一般教養は誰が教える〜

小谷野です。

ソニーの家庭用ロボットaiboは1996年に大きな反響を呼びました。
なかなか入手困難な製品であった思い出があります。

aiboといえば、今年シリコンバレーで聴いたスタンフォード大学の教授の言葉を思い出します。
ソニーがこの20年前世界に先駆けて発売した家庭用ロボットに、自宅における人間の行動・言動様式の膨大なデータを収集蓄積する仕組みがあったら、ソニーはグーグルを超える会社になっていたと言ったのです。

今回のAIBOはクラウド上のAIが集合知として蓄積していく仕組みがあるようです。
ただし、飼い主(持ち主)とのコミュニケーションレベルを上げる学習目的のようで、将来の家庭内での様々な製品開発が念頭にあるのかは分かりません。

ところで、素人の単純な疑問です。AIは「倫理」を自己学習できるのでしょうか。
ある事件を思い出します。マイクロソフトの学習型人工知能おしゃべりロボット「Tay」が、緊急停止させられた事件です。ネットの様々な会話から学習して、自分でもおしゃべりをTwitter上に投稿していくAIでした。
しかしTayは、人種差別、陰謀論を学習した発言、またヒトラーを礼賛し、ホロコーストはでっち上げと主張する発言をするように育っていき、緊急停止となりました。使う言葉もネット上の言葉で学習しているので、汚いものばかりです。

人間でも、小さい頃から暴力映画「だけ」見て育ったら大変です。
基礎に倫理教育があるから、暴力映画もエンタテイメントとすることができるのです。
AIも基礎に倫理教育、一般教養が欠落していては、SF映画のように人類を滅ぼすことだけを目的にしたロボットが生まれそうで怖いと感じます。今は人類の味方、aibo。

〜 家庭用亭主ロボットは発売しないで、勝てそうもない小谷野でした 〜

20171116ブログ - コピー.png
posted by 小谷野幹雄 at 10:50| 2017年

2017年11月09日

スーパー歌舞伎U『ワンピース』〜クール・ジャパン〜

小谷野です。

官製クール・ジャパン・ファンド700億円は無駄な税金の費消になると新聞が報道していました。
日本アニメの海外配信事業、日本TV番組の輸出、日本食発信事業など日本文化を世界に発信、事業としても成功させるための投資ファンドですが、官製らしく「投資ありき」から事業計画審査もお粗末で、大方の投資案件が赤字で累損も巨額になっているそうです。

しかし、新橋演舞場は違いました。日本アニメを歌舞伎化した『ワンピース』は、連日多くの外国人顧客を集めて大賑わいです。
『ワンピース』は1997年から週刊少年ジャンプに連載中で、単行本発行が日本漫画最高の3億6000万部を超えたそうです。海外でも42カ国での発行部数は7000万部を超えているそうです。

余談ですが、ハウステンボスでの過去のイベント船、『ワンピース号(サウザンド・サニー号)』クルーズは
大人気で施設の再建に貢献したようです。

このお化けアニメと歌舞伎が融合し、4代目市川猿之助(澤瀉屋)の演出でス−パー歌舞伎Uとして世に登場しました。
少々残念なのは主演の市川猿之助が4日目でカーテンコール最中にスッポンで骨折してしまいました。
現在は尾上右近(音羽屋、6代目尾上菊五郎のひ孫)が代役で上演されています。
若き右近の主人公「ルフィー」も爽やかで良いものです。

〜 自分の大秘宝(ワンピース)は何? 小谷野でした 〜


20171109ブログ.jpg
posted by 小谷野幹雄 at 14:33| 2017年

2017年11月02日

伝説は反目から生まれる〜東京国立博物館 運慶展〜

小谷野です。

私は、気に入った仏像の前では長時間対座する癖があり、奈良の興福寺はお気に入りの場所です。

現在、上野の東京国立博物館で興福寺再建記念特別展「運慶」が開催中です。
残存少ない運慶の作品ですが、全国31体のうち22体が上野に集まっています。
この貴重な展覧会(11月26日まで)は仏像マニア以外にも人気で、入場制限が出ていました。

平安時代、仏師の世界では京都仏師による定朝様式が公家の間で隆盛を極めており、のっぺりで穏やかな顔の仏像が主流でした。
これに対して奈良仏師、康慶、運慶親子は筋肉隆々の力強さ、目には水晶を使い、生きているような写実性溢れる仏像を作り始めました。
これは、奈良へ左遷させられた奈良仏師による京都仏師への「反目」であったという歴史家もいます。

源頼朝が天下人となり、公家から武士の時代が到来すると、写実的で荒々しい像は時の政権の高い評価を得ていきました。

ところで、伝説の仏師運慶の若い頃の私生活は破茶滅茶で、早くから「反目」精神の塊だったようです。

〜 反目と協調を繰り返す夫婦関係 小谷野でした 〜


20171102ブログ.jpg
posted by 小谷野幹雄 at 14:29| 2017年

2017年10月26日

ホンダ・ジェット世界一に〜「人まねするな、役所に頼るな、世界を目指せ」〜

小谷野です。
ホンダのジェット機が好調で小型ビジネスジェット(搭乗10人以下)の市場では2017年上半期で24機を納入し、世界一の販売数となりました。

本田宗一郎さんの名言「人まねはするな」は、プライド高き技術屋の重い言葉です。
まねだけでは企業は転落と衰退の道をたどり始めるというのが持論でした。
このホンダの小型ジェットも30年もの試行錯誤を繰り返し、新しいモノにチャレンジする宗一郎氏の信念を貫いた製品です。

例えば、エンジンが主翼の上という奇抜なところにあります。
これにより、小型ジェットの室内スペースや外部荷物積載量の増加、さらに空気抵抗の減、燃費の改善を実現しています。

また、飛行機製造業者は通常機体のみを作り、エンジンは他社が作ったものを載せるのですが、このジェット機のエンジンは、ホンダ製なのです。燃費性能が優れ、エンジンだけの外販もこれからは行うようです。

「人まねはするな」「役所に頼るな」「世界を目指せ」・・・、名言多し本田宗一郎氏の魂が乗り移った製品といってよいでしょう。ちなみに値段は5.4億円だそうです。
ハリウッド・スターなどが所有する豪華な中型プライベートジェットは30〜50億円程度ですから、顧客対象となる市場は大きいでしょう。

〜 まるで空飛ぶ車 小谷野でした 〜


20171026ブログ.jpg
posted by 小谷野幹雄 at 16:25| 2017年

2017年10月19日

イーロン・マスク〜未来に真摯に接するカリスマ〜

小谷野です。

イーロン・マスク(Elon Musk)氏がTVインタビューに出ていたので、見入ってしまいました。

彼は南アフリカ出身のカリスマ経営者、いや、カリスマ起業家と呼ぶべきでしょう。
Paypal、スペースXを起業し、電気自動車のテスラ・モーターズのCEOでもあります。
販売台数がGMの100の1にも満たないテスラ・モーターズの時価総額はGMを抜き、米国最大の自動車メーカーとなっています。

最近は穴掘りに夢中だそうです。目的は、ロサンゼルスのような渋滞の激しい街の地中深くに、車を載せたパレットの完全自動運転により200kmで移動できる道路を作り、渋滞を軽減する社会を実現するそうです。
街の中心地から数分で空港まで到着できる構想です。

ところで、車の自動運転技術は、ほぼ完成されており、現状でもロスからNYまで全くの手放し自動運転で到着できるそうです。

イーロン氏の話す内容は、常に未来に真摯に直面した構想であり、夢物語を聞いている感は全くありません。
本当にそうなるであろう近未来の明確な像を結ぶことができます。

そういえば、日本のベンチャー企業でも、あまりに遠い抽象的な未来を見ていた企業より、近未来をしっかり見つめていた企業の成功事例が多かったと感じます。

〜 カリスマぐうたら 小谷野でした 〜


20171019ブログ.jpg
posted by 小谷野幹雄 at 14:36| 2017年

2017年10月12日

さらばモンキー〜バイク市場の激変〜

小谷野です。

私はバイク少年でした。16才でバイクの免許を取っていたことが高校にバレて職員室で叱られた苦い記憶があります。

大学時代は、講義は差し置き、バイクにテントを積んで日本一周など、全国各地へのツーリングを頻繁に行っていました。
アルバイトはバイクのガソリン代のために行っていた記憶があります。
私のような往年のライダーには悲しいニュースが続きました。
ホンダが50年間作り続けている50ccバイク「モンキー」を、ヤマハが40年来のSR400を、生産停止すると発表したのです。
モンキーは永遠のベストセラーとして、SR400は大型単気筒ピストンの振動が、マニアの心を鷲づかみしていました。

ところで、バイクの国内市場を見ると、私が全国をツーリングしていた1980年代からバイクの販売台数は7分の1まで落ち込んでいます。
そういえば、オートバイ・レースのTV放映も無く、オートモービル自体に若者の関心は低く、原付バイクは電動アシスト自転車に市場を奪われている現状を鑑みると、市場の異常な縮小も理解できます。

国内市場はジリ貧の一方、世界シェアはホンダ、ヤマハ、カワサキの日本バイクが4割を占めています。
海外が主戦場のバイクは、世界的な排ガス規制の強化、特に厳しいヨーロッパ基準を日本にも導入せざるを得ず、改良コストが見合わない古い設計のモデルは廃止となったようです。

世界のオートモービル市場が、環境問題から省エネ・電動化に大きく舵を切っているので、今後も廃止モデルが増えそうです。

〜 ケニー・ロバーツ(*)に憧れた 小谷野でした 〜


(*)伝説的な2輪レーシング・ライダーで国際モータースポーツ及び
   MotoGPの殿堂入り、息子もWGP500チャンピオン

201710121.jpg
(ホンダHPより)モンキー
201710122.jpg
(ヤマハのHPより)SR400
posted by 小谷野幹雄 at 16:49| 2017年

2017年10月05日

イグノーベル賞〜ばかばかしいけれど、考えさせられる〜

小谷野です。

現在ノーベル賞受賞者の発表が続いていますが、今回は裏のノーベル賞、イグノーベル賞についてです。
イグノーベル賞のコンセプトは、
「ばかばかしいけれど、考えさせられる。(Make you LAUGH, then THINK!)」。
ノーベル賞受賞者も出席する愉快な授賞式が毎年9月に、ハーバード大学で開催されます。

日本人はなんと11年連続の受賞です。今年は、北海道大学と慶応大学の吉澤・上村准教授による、ブラジルの洞窟にいる、雄と雌の性器が逆転している新種の虫を発見したことで受賞しました。
ちなみに昨年は、立命館大学の東山教授の、股の間からモノを見た視覚効果の研究でした。

本年の他の受賞例は、コーヒーカップを持って後ろ向きに歩けばコーヒーのこぼれが少ないことの発見(ただし、つまずいてひっくり返ることがあるとの注釈あり)、老人の耳が長い証明(引力で年0.22mm伸びるそうです)などなど、愉快な研究内容に溢れていました。

過去の受賞例を見ても、
・キツツキは何故、頭痛がしないかの研究
・十代の若者にしか聞こえない周波数の音で若者撃退機を発明したこと、また逆に活用して、大人には聞こえない携帯電話の呼び出し音(授業中も使える)の開発
・警官が賄賂を受け取ることを拒否した場合に、その警官に報酬を与えたことに対して、タイ王国首都警察に経済学賞が贈られています。

過去の受賞内容はどれも面白すぎて、挙げるときりがありません。
思いつきですが、美女度、イケメン度などの珍新単位の研究をしたら受賞するかも知れません。

〜 イケメン度0.001、小谷野でした 〜


20171005ブログ - コピー.jpg
posted by 小谷野幹雄 at 16:48| 2017年

2017年09月28日

食事は野菜から手をつける〜スモール・チェンジ〜

小谷野です。

先日ご紹介した健康経営では、従業員の食生活、運動など幅広い分野のあり方を提案します。
日常的な、僅かな改善(スモールチェンジ)が病気の予防、健康維持に役立つからです。

キャッチフレーズの事例です。

・「食事は、まず野菜から」:
 食物繊維が豊富な野菜、豆類、きのこ類等々をまず食べることによって、
 急激な血糖値の上昇が抑えられます。
 糖質が多いごはんは、その後に採ることによって血管など循環器系の健康に貢献します。

・「プラステン(+10)」:1日あと10分体を動かすキャンペーンです。
 都会の人は車から電車利用へ、地方の方はいつもの駐車場から少し遠くに駐めて歩きましょう。
 健康寿命が延ばせます。

・「20秒ストレッチング」:柔軟性を増し、自律神経の正常化、心拍数の低下、動脈硬化度を抑えるために
 も、心理的なリラクゼーションにも効果があります。

〜 (今は)タクシー乗って、肉から食べてしまう 小谷野でした 〜


20170928ブログ.jpg
posted by 小谷野幹雄 at 14:18| 2017年

2017年09月22日

ホワイト企業になろう〜健康経営〜

小谷野です。

健康経営の取り組みについて知る機会がありました。
企業経営において従業員の健康状態に起因するマイナスの影響を軽減し、企業の生産性向上を図る試みです。
経済産業省、全国の商工会議所を中心に推進しています。

2017年から経済産業省主管で健康経営優良法人制度がスタートしています。
最近マスコミで話題の、従業員をおろそかにする「ブラック企業」の対極にある「ホワイト企業」を目指す制度といってよいでしょう。
現在までの認定は中小・大規模法人部門合わせて、初年度318法人だったそうです。

また、上場会社対象に「健康経営銘柄」という選定制度があります。
2014年から経済産業省が東京証券取引所と共同で従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる企業を「健康経営銘柄」として選定するようです。

毎年業種毎に選定する制度で、2017年は24社が選定されました。
優れた人材の確保のためにもホワイトのレッテルは重要です。

私どもの組織も取り組みを始めました。


<参考リンク>
■経済産業省 「健康経営優良法人認定制度」

■経済産業省 「健康経営銘柄」

■商工会議所

■日本政策金融公庫総合研究所「中小企業の健康経営」

■NPO法人 健康経営研究所

〜 夜行活動もホワイトに 小谷野でした 〜

20170922ブログ1.jpg

20170922ブログ2.png

posted by 小谷野幹雄 at 16:56| 2017年

2017年09月15日

美人画の世界〜上村松園展〜

小谷野です。
美人画の巨匠、上村松園(明治8〜昭24)展を観てきました。

山種美術館の創設者が上村松園と親しかったこともあり、山種美術館は数多く松園の作品を保有しています。

明治後期から昭和初期時代の美人画家といえば、東京の鏑木清方、京都の上村松園です。
個人的には、画家が女性であることが影響しているのか分かりませんが松園がお気に入りです。
的確に説明ができませんが、ご本人は、「女性は美しければよい、という気持ちで描いたことは一度もない。
一点の卑俗なところがなく、清澄な感じのする香り高い珠玉のような絵こそ私の念願とするところのものである。」と語っています。

その他の美人画家としては、大正ロマンの竹久夢二やノスタルジーと少しのエロティシズムの伊東深水(朝丘雪路の父)等々が挙げられます。

ところで、伝統的な日本美人は、切れ長の細い目が象徴ですが、最近の美人定義は異なり、目を大きくするための目頭切開整形が流行しているそうです。

〜 美人もいろいろ、家の中をうろつくも美人? 小谷野でした 〜


20170915ブログ.jpg
posted by 小谷野幹雄 at 17:28| 2017年

2017年09月08日

“YES” changed my life〜はい、喜んで〜

小谷野です。

ションダ・ライムズ(Shonda Rhimes)さんのプレゼンテーションを聴きました。
ションダさんは、米国のTVプロデューサー・脚本家であり、全米(全世界)でのヒットメーカーです。
彼女の作品には年間400億円もの制作予算がつき、タイタン(神)と呼ばれています。
仕事が大好きで、懸命に働くことに何の疑問も持たない。
そんな彼女も働き過ぎ、燃え尽き、仕事が嫌いになった時期があったそうです。
そんな時に、彼女はある事を行って元の情熱を取り戻しました。

それは、従来ならNOと即答する、不安や苦手なオファーにも、全てYESと答える実験でした。
幼い娘の「一緒に遊んで」に、どんなに忙しくてもYESと答えて一緒に遊び、講演会やTV生出演は大嫌いでもYESと答えていくと、恐怖心、社会不安が無くなり、スランプ前の仕事への情熱を取り戻すことができたそうです。

”YES” changed my life.

YESという一言の力が驚くべきモノであったと語っています。

昭和の時代、私が新入社員だった頃、先輩に言われました。
先輩・上司の指示には全て「はい、よろこんで」と返事をしなさいと。
今ならパワー・ハラスメントとして問題になりそうですが、仕事を選ばず目の前の事に全力投球する姿勢、何よりも人間関係がスムーズにそして拡大していくのが実感できました。

〜 ゴミ出して はい喜んで! 小谷野でした 〜


20170908ブログ(加工済).jpg
posted by 小谷野幹雄 at 14:05| 2017年

2017年08月31日

自立していない防衛?〜ミサイルから守れるのか〜

小谷野です。

北朝鮮のミサイル関係の報道が続いています。
先日、防衛問題に詳しい社長さんの話を聞く機会がありました。
その方の意見では、日本は自国をミサイルから守る防衛力は持っていないとのことでした。

飛んでくるミサイルを打ち落とす能力はもとより無く、敵地のミサイル基地を攻撃する戦力も持っていないそうです。戦闘機は40年以上も前の飛行機、空対空の装備はあっても、空対「地」の装備はなく、ミサイルが地上に落ちる直前に打ち落とすパトリオットなどは命中精度は低く、命中しても被害が大きい等・・・素人の私には難しい、自衛隊のマニアックな装備の話を熱く語っておられました。
話を伺うと、日本の防衛は自立しておらず、同盟国や国際社会依存なのかもしれません。

ところで、2016年10月、国連の核兵器禁止条約に日本は賛成でも棄権でも無く、反対票を投じました。(賛成多数で可決。)
同盟国の核傘下にいるが故の、我が国の選択であったようです。
この国連決議への反対票は「政治的」には理解できても、被爆国民として「心情的」には理解が難しいです。

〜 妻の爆弾も怖い、小谷野でした 〜


20170831ブログ(加工済).jpg
posted by 小谷野幹雄 at 14:06| 2017年

2017年08月24日

不差別の強調〜多様性の維持手法〜

小谷野です。

大統領が人種差別を強く否定しなかったことで、米国内で深刻なデモが多発しています。
この国が人種のるつぼであることを再認識させられます。
米国の最大の強みである「多様性」を維持していくには、そのリーダーは常に「極端に」公平、公正、不差別を全面に打ち出す必要があります。

米国のマイノリティ(*)と言われる人の割合は毎年上昇を続け、2010年の国勢調査で37%まで上昇し、州によっては既に50%を超えています。
今後生まれる有色の子供が大人になる頃には、マイノリティでは無くなっているでしょう。

ところで、米国の友人が肯定している逆差別があります。
組織内では、黒人、女性、障害を持っている人の出世が早い傾向があると言います。
米国社会でタブー視されている差別要素が3つも重なると、不差別を強調するための人事評価が存在すると言います。
多種多様な人種や民族を抱えて、多様性を尊重していくためには、ある程度はやむを得ない現象なのでしょう。

ところで、日本も少子化、労働力不足によって、外国人労働者や移住者が大きく増加することが予想されています。将来日本のリーダーが、差別の完全否定発言を「大げさに」しなければ、今の米国と同じ事が組織単位でおきるでしょう。

(*)非ヒスパニック系の白人以外の人種や民族。

〜 パパのおかず質素、差別だ 小谷野でした 〜


20170824ブログ(加工済).jpg
posted by 小谷野幹雄 at 15:00| 2017年

2017年08月16日

MITラボ所長の提言〜現代を生き抜く9の原理〜

小谷野です。

日本人として初めてMIT(米国のマサチューセッツ工科大学)メディアラボの所長になった伊藤穣一氏著、先月出版の『9の原理(プリンシプルズ) How to Survive Our Faster Future』を盆休みに読みました。

伊藤氏はNHKの「スーパープレゼンテーション(*)」の司会者といった方が分かりやすいかもしれません。
デジタルガレージ等IT業界での起業、ベンチャーキャピタリスト、NYタイムズ、CCC(ツタヤ)等々の社外役員を務めています。
秒進分歩(日進月歩)のIT業界で不可欠な原則ですが、成熟した業界でも十分に参考になります。

1.権威より創発
2.プッシュよりプル
3.地図よりコンパス
4.安全よりリスク
5.従うより不服従
6.理論より実践
7.能力より多様性
8.強さより回復力
9.モノよりシステム

プル:必要な情報や資源は抱え込んだりせず、必要に応じてネットワークから取り出す。
マイクロソフトが作った辞書エンカルタは、高価で高度に専門的に設計されたプッシュ思考の製品であったが失敗し、プル型のウィキペディアは成功した。

コンパス:予測不能な世界では、詳細な地図よりもコンパスを持って創造性と自主性で自分の行くべき道を見つけていくことが重要。

〜 海図なき大航海時代のAI&IT業界 小谷野でした 〜



(*)様々な分野で世界最先端を走っている人たちのプレゼンが行われる、TEDカンファレンス(NYが本部)から抽出して番組を編成。


20170816ブログ.jpg
posted by 小谷野幹雄 at 14:39| 2017年

2017年08月10日

福山城(広島県)〜日本の名城訪問〜

小谷野です。

新幹線の福山駅の目の前にそびえる天守閣を見つけ途中下車しました。
名称は福山城(久松城・葦陽城)、公益財団法人日本城郭協会が定めた日本100名城にも入っています。
新規での大型築城としては江戸時代最後の城と言われています。

福島正則が広島城の改修工事をめぐり、武家諸法度違反で改易されたことから、徳川家康の従兄弟である水野勝成が、西国の外様大名に対する防御の意味から転封して築城しました。
築城には江戸幕府の支援手厚く、京都の伏見城から月見櫓をはじめ多くの櫓が移築されました。
しかし、250年後の幕末においては、家康が目論んだ役割を果たすことはできませんでした。徳川幕府のための長州征伐においても、その後の新政府軍の進行を阻む活躍もありませんでした。

〜 新幹線のホームから天守閣が見えます 小谷野でした 〜




20170810ブログ.jpg
posted by 小谷野幹雄 at 14:06| 2017年

2017年08月03日

病気の定義〜大賑わいの病院〜

小谷野です。

久しぶりに健康診断を受けました。
血液検査等の一般検診は、生活習慣病のチェック、改善動機付けには重要です。
結果は、すべての検査項目で問題がないとの判定でありました。

今回、大きな病院の予防センターで受診したのですが、気になったことがあります。
病院内は、人(患者)だらけ、大賑わいなのです。
週何日も病院に通い、複数の診療科をはしごする人たちが数え切れないほどいるそうです。
しかし、よく観察してみると、多くの方が普通に歩行し、明るい顔で談笑し、病人には見えませんでした。
人が群がるイベント会場のようでした。

米国在住中に目にしたのは、日本の内科を忙しくさせる風邪という症状では、誰も病院には行かないことです。
近くの薬局で購入した数ドルのアスピリンを服用、自宅安静で終わりでした。
よほどの重い症状でない限り、病院もまともに相手してくれません。

かつて、日本の高血圧の定義が最高値160mmHgから140mmHgに下げられ、日本で4000万人以上が患者となりました。国民の3分の1を病気認定する基準は正しいのでしょうか。降圧剤の製薬業界は大賑わいですが。

医療費は40兆円を超えても、その増加スピードは止まる兆候がありません。
国家財政が破綻間近の国でおきていることです。
タクシー感覚で救急車を使い、入院日数はできるだけ伸ばす人が絶えない、この国の病気の定義は正しいのでしょうか。

〜 健康なお前には分からない!(先輩方の声) 小谷野でした 〜



20170803ブログ(加工済).jpg
posted by 小谷野幹雄 at 14:41| 2017年

2017年07月27日

できます、やります、まかせてください〜元気な会社の文化〜

小谷野です。

元気な会社の社長さんとゴルフをご一緒しました。
会社の業績は絶好調のようです。社員の方々も笑顔が多い、
元気印いっぱいの会社です。
この元気印の会社経営に関して2つのことに興味を持ちました。

1.競争の激しいビジネスに参入する
ブルーオーシャン(競争がない市場)を探す経営者が多い昨今、真逆の発想をトップが持っています。
特に逆説的な深い意味はないそうです。
人の裏を行く事業(競争の少ない分野への参入)は、マーケットは確立しておらず、市場規模も不明で、大きな努力が実らないリスクが高い。
一方競争が激しいと言うことは、マーケットが既に確立し市場規模もあるので、やり方次第で大きな努力が大きく実る市場と映るようです。

2.社員が「できない」と言わない企業文化
「できます」「やります」「まかせてください」
この3つが社員の合い言葉だそうです。

「できません」という否定的な言葉を使わない営業姿勢に、顧客支持は絶大のようです。
確かに、「できません」と言った段階で思考回路は閉鎖されます。
「できます」と言ってその後どうしたらよいかを考えて考え抜く社員の成長は大きいでしょう。
人は本来、勉強や仕事は嫌いです。
「できません、わかりません、前例がありません」とシャッターを下ろして手仕舞いしてしまえば、楽ですが成長はありません。
専門家であるサムライ業が何でもできると言ったら問題ですが、営業カンパニーでは素晴らしい文化です。

〜 家で空手形「やります」 小谷野でした 〜


20170727ブログ(加工済).jpg
posted by 小谷野幹雄 at 14:53| 2017年

2017年07月20日

時間の確保〜生活の規則性が成否〜

小谷野です。

国家試験を目指す大学生と有資格者の懇談会がありました。
参加した大学生はこれからダブルスクール(大学と専門学校2つ行くこと)で資格にチャレンジする人たちです。専門学校の講師もいらっしゃいました。

国家試験によって合格に必要な勉強時間が3,000時間などと目安があります。
つまり3000時間をどう効率的に確保するのかが課題になります。
社会人受験生は仕事と両立が大変ですから、合格まで年数はかかります。
しかし、親のすねを囓って専念している学生でも、長年受験を繰り返している人がいます。
この失敗原因を専門学校講師や有資格者に伺いました。この逆をすれば短期合格です。

1.毎日の勉強の始終時間がバラバラ
誰もが言うのは、不規則な生活リズムの人は合格が遅いそうです。
朝、専門学校に来る時間もバラバラ、夜自習室から帰る時間もバラバラ、
気分次第の人。昨夜はノリノリだったので朝まで頑張っちゃったなどと言っている人の翌日は寝不足で勉強時間は極端に少なくなります。

2.完全な休日がない
長年受験生を続けている人は、休みのメリハリがない。
短期合格者は、予定された休日(平日は12時間以上頑張る)があるそうです。
メリハリは、効率性にも影響がありそうです。

3.勉強の方法論に興じる
どこの専門学校のどの講師が良い、どの出版社のどの教科書が良い等々、勉強の方法論をよく議論する人。
道半ばで、新しいテキストを購入して始める人。
いまさらする議論ではなく、「やるだけ」から逃避する行動になっているようです。

4.群れを作る
試験勉強は友達とはできません。
孤独に耐えられない人は、それだけ時間を削ってしまいます。

ところで、中高大受験生も、夏期講習が始まる季節ですね。

〜 受験生ガンバレ 小谷野でした 〜


20170720ブログ(加工済).jpg
posted by 小谷野幹雄 at 16:00| 2017年

2017年07月14日

人種問題を考える〜アトランタ訪問[3]〜

小谷野です。

アトランタは黒人の公民権運動指導者であったキング牧師(マーティン・ルーサー・キング・ジュニア)の生家と記念館があります。
1964年に公民権法の成立によって人種差別が終わり、同年同氏にノーベル平和賞が授与されました。
ワシントンで行った演説「I Have a Dream」は今聞いても感動します。
その後同氏は、テネシー州で白人に暗殺されました。

ところで、我々外国人は黒人の解放は南北戦争(1861-65)でなされたと勘違いしています。
リンカーンの演説で、人種差別のない国ができたと思っています。
南北戦争の一面解釈として、労働力が欲しかった北側が南側に、奴隷という豊富な労働力を解放させたという見方もできます。
北軍の勝利によって、黒人は売買される奴隷ではなくなりましたが、その後も学校もトイレもバスの席も別という、大差別の時代が100年も続いていたのです。
 
人種に関連した感動した最近のお勧め映画です。
「Hidden Figure(日本での題名はドリーム)」2016年公開された伝記映画です。
1961年、白人と有色人種の差別政策が行われていた時代、ソ連との宇宙開発競争の中、米国NASAの宇宙開発で、黒人で女性という、当時の社会で最も蔑まされる立場のひとが、米国の威信を支えた事実を伝える映画です。

もっとも感動したシーンは、宇宙飛行士が発射直前に座標に計算誤差が生じていることを聞き、司令部からの「飛ぶのか」との質問に、エリート白人男性や機械(IBM)の計算ではなく、キャサリン(天才黒人女性)が検算して出た数値で俺は飛ぶのだと、黒人女性の計算力に自分の命を託すやりとりでした。

未知の世界に挑戦するNASAでは、天才的なひらめきや柔軟な発想が必要で、誰も行ったことがない計算や機体開発に関して、白人も黒人もなくなり、実力のある者が評価される公正性がメッセージの映画です。

〜 COLORED(有色) 小谷野でした 〜


20170714ブログ.jpg
posted by 小谷野幹雄 at 17:29| 2017年

2017年07月06日

七月大歌舞伎〜亡妻母への宙乗り〜

小谷野です。

二週間前に妻を亡くし、母を亡くした父と息子の宙乗り(*1)を観てきました。
演じるのは市川海老蔵さんと息子勧玄(かんげん)君、晴れ舞台を観ることが叶わなかったのは34才でガンでなくなった小林麻央さんです。

4才という史上最年少の宙乗りも話題を集め、カンカン(勧玄君の通称)の一挙手一投足に観衆はどよめき、拍手万雷でした。
「カンカンはブランコもちゃんと乗れないのに宙乗りが心配」は、麻央さんの生前のコメントでした。

お話は江戸時代の大泥棒、日本駄右衛門を巡る奇想天外な物語「駄右衛門花御所異聞」です。この演目は現代では上演例がない復活狂言です。
舞台演出はゼロから作り上げたものです。大悪党を退治する秋葉大権現を海老蔵、その白虎を勧玄君が演じての宙乗りでした。

役者は、親の死に目より舞台が優先といいます。
海老蔵さん親子は、心の大きな傷を封じ込め、演目をこなしていました。

(*1)宙乗り:歌舞伎の演出で役者をワイヤーで吊し空中を飛行しているように見せること。

〜 驚愕、女性11人に1人(*2)が乳がんになる 小谷野でした 〜


(*2)国立がん研究センターの累積罹患統計


20170706ブログ.jpg
posted by 小谷野幹雄 at 17:23| 2017年

2017年06月29日

コカコーラ〜アトランタ訪問[2]〜

小谷野です。

ジョージア州アトランタといえばコカコーラ発祥の地です。
コカコーラは、1886年薬剤師のジョン・ペンバートン氏が調合した頭痛薬を、たまたま炭酸水で割って飲んだらおいしかった、という偶然から始まったそうです。
これに目を付けた薬業者キャンドラー氏が、レシピ等の権利をペンバートン氏から購入して、全米に広めていったそうです。

コカコーラのように、発明考案した人と事業を拡大した人が異なるケースは数多くあります。
有名なケースではマクドナルドです。マクドナルド兄弟は、1948年カリフォルニア州で画期的なハンバーガーのドライブインを始めました。
顧客へのスピーディなサービス、効率的キッチン、セルフサービス等の斬新なアイデアが凝縮された店を作りました。
この店に魅せられたのが、ミルクシェーキ製造機械販売会社社長のレイ・クロック氏で、フランチャイズ(FC)契約をマクドナルド兄弟と締結して、全米に広めていきました。
巨大になったFC側のレイ・クロック氏が1961年マクドナルドの全ての権利を270万ドルで兄弟から購入しました。

7月29日に公開される映画「ファウンダー〜ハンバーガー帝国のヒミツ〜」で詳しく見ることができます。
セブンイレブンも、日本でのライセンス契約を受けたイトーヨーカ堂が後に米国本社のセブンイレブン社を買収しましたね。

〜 発明家でも事業家でもない 小谷野でした 〜


20170629ブログ.jpg
アトランタのコカコーラ博物館
posted by 小谷野幹雄 at 17:34| 2017年

2017年06月22日

特化したCNN〜アトランタ訪問[1]〜

小谷野です。

アトランタでCNNの本社を訪れる機会がありました。
1980年にテッド・ターナー氏がケーブルTVを通じてニュースだけの番組を始めたのがCNN(Cable News Network)です。
バラエティもドラマも映画もない、ニュースだけのチャンネルが維持できるのか周囲は冷ややかであったと言います。
経営学的に言えば集中特化戦略、単一事業に経営資源を投下し、他社との圧倒的な差別化を図るということでした。

CNNは、周囲の予想を覆し見事に大成功を納めました。世界には皆が知りたがる事件、事故、スポーツ結果等々が沢山あるということでしょう。
湾岸戦争でバグダットから捨て身のレポートをした、ピーター・アーネットの「CNN」の言葉は今でも耳に残っています。
 
ところで、ケーブルTVの契約は頭打ちのようです。
すでに飽和感があることに加えて、インターネットでの動画配信が急速に進んでおり、ケーブル事業は今後、本格的な影響を受けそうです。
ニュースだけのチャンネルは世界情勢が複雑化、戦争が絶えない状況があるので続きそうですが、ニュースを届ける仕組みの勢力図は大きく変わりそうです。

〜 趣味は一つ(Golf)に絞った 小谷野でした 〜


20170622ブログ1.jpg20170622ブログ2.jpg
posted by 小谷野幹雄 at 16:18| 2017年

2017年06月15日

ブリューゲル&ボス〜中世のネーデルラント美術〜

小谷野です。

不思議な絵を見ました。拡大しても拡大しても、細部はさらに拡大しないと分からない名画、一生に一度は見たい絵と言われる、ブリューゲルの「バベルの塔」です。現在、東京都美術館で見られます。(〜2017.7.2)
このバベルの塔を3DCGにした動画は必見、傑作の魅力に深く迫っています。

ブリューゲルは16世紀のネーデルラント(オランダ+ベルギー、低い土地の意味)美術の巨匠ですが、このブリューゲルに大きな影響を与えたヒエロニスム・ボスの油絵も来日していました。
怪物、悪魔、天使、聖人など奇想天外な発想で風刺、風俗まで表現する奇才でした。

芸術の世界だけではなく、経営の世界でも、レジェンド(伝説)になる人は当時は変わり者、不思議さんと言われることがあります。

20世紀に話題になった超現実主義(シュールレアリズム)と同じような発想や
表現力を持った画家が、500年も前に存在していたのですね。

〜 バビル2世(*)を思い出した 小谷野でした 〜


*昭和46年から週刊少年チャンピオンに連載されていた少年漫画

20170615ブログ.jpg
posted by 小谷野幹雄 at 15:28| 2017年

2017年06月08日

遅れる無電柱化〜街空に無数の電線〜

小谷野です。

自宅に投げ込まれた工事案内に違和感を覚えました。
電柱の老朽化に伴う、電柱建替工事の案内でした。
てっきり、東京五輪開催を念頭に、電線地中化工事のお知らせかと思いました。

ご多分に漏れず、私の住居の近くも電柱が多く車の通行に大きな影響が出ています。
電柱は死角を多くつくり、歩行者にも危険な存在でもあります。
災害の際には電柱が倒れて交通を遮断したり、救援活動を妨げたり、地表に落ちた高圧電線、多数のケーブル類は歩行者にも危険です。
また、街並みが汚く、風景が台無しになるのは言うまでもありません。

世界の先進国の主要都市で、むき出しの電線やケーブルが大都市の空に溢れているのは珍しいことです。
海外主要都市の無電柱化割合は、ロンドン・パリ・香港100%、台北95%、シンガポール93%、ソウル46%、ジャカルタ35%、東京7%、大阪5%だそうです(国土交通省のHPより)。
日本の電柱の数は約3600万本あり、年々微増しているようです。

〜 電線がない広い空を 小谷野でした 〜

<無電柱の街並み>        <電柱建替工事の案内>

20170608ブログ(加工済).jpg
posted by 小谷野幹雄 at 14:56| 2017年

2017年06月01日

二本松城〜名城訪問〜

小谷野です。

福島県の二本松城(霞ヶ城)を訪問しました。
二本松市は、郡山市と福島市の中間に位置し、東に阿武隈川、西に安達太良山を臨む自然豊かな街です。
城主は織田信長の重臣、丹羽長秀の末裔の丹羽家が長く務めました。

過去このブログで取り上げた白河城と同じく戊辰戦争での激戦地で、二本松藩は奥羽越列藩同盟に参加して新政府軍と戦いました。
少年隊(13−17才)の非業な最期は会津若松城の白虎隊が有名ですが、この二本松城においても多くの志願した少年が戦死しています。
 
ところで、福島県二本松市といえば、近代2人の著名人が浮かびます。
一人は高村光太郎の妻・智恵子さんです。光太郎さんの「智恵子抄」の主人公です。
二本松生まれの智恵子さんは近代日本の女性芸術家として日本画、晩年病床についてからは紙絵の素晴らしい作品を残しています。智恵子記念館に数々の展示があります。

もう一人は、日展(日本美術展覧会)会長まで務めた日本画の巨匠、大山忠作さんです。
二本松駅前には大山記念美術館があります。
数々の作品の中でも鯉を題材にした作品は安堵、安らぎを与えてくれます。

〜 志願した少年達に敬慕 小谷野でした 〜


20170601ブログ.jpg
二本松城と少年隊像    高村光太郎の妻・智恵子の生家
posted by 小谷野幹雄 at 14:40| 2017年

2017年05月25日

ニュージーランド由来の名〜キウイ、ネピア〜

小谷野です。ニュージーランド(NZ)のネタを2つ。
まずは、果物のキウイの名前の由来です。
NZの国鳥、キウイ(飛べない夜行性の鳥)の形に似ていることから命名されて、世界に広まったそうです(NZのシンボル呼称である「キウイ」を命名しただけで形とは関係ないと言う人もいました)。

原産は中国のようですが、品種改良に成功して、NZからの輸出で世界的にキウイフルーツの名前が広まりました。


次に、王子製紙のティッシュ・ペーパー「ネピア」の名前の由来です。
ネーピアは、NZの北東の町の名前です。
かつては紙の原料が多く採れ、王子製紙もビジネスで関係があったようです。

ところで、NZの地上波の放送では、ニュース番組が少ないように感じます。
そのニュース時間の半分以上はスポーツです。ラグビー、クリケットには時間をさきます。
もちろん有線放送契約すればCNN等の海外ニュース番組が見られます。
犯罪も少なく平和で、生活の満足度が高い証のようです。

〜 あふれる事件、事故ニュースに辟易 小谷野でした 〜

20170525ブログ(加工済).jpg
posted by 小谷野幹雄 at 14:53| 2017年