2018年08月09日

計画なきところに行動なし〜第118回のびよう会〜

小谷野です。

幕末の吉田松陰の言葉です。

「夢なき者に理想なし
理想なき者に計画なし
計画なき者に実行なし
実行なき者に成功なし」

確かに、夢や理想があっても具体的な「計画」がなければ、行動できません。
中小・中堅企業で、事業計画を作っていない会社が多く見られます。
アナログ的な計画が社長の頭にあるのみというケースです。
事業計画は、補助金の申請や税金猶予の事業承継の実務現場でも重要です。

さて、計画を作ったら「実行」ですが、ここではKPI(Key Performance Indicator評価指標)を設定しない会社が目立ちます。

例えば営業活動のKPIとして、週の営業訪問件数〇件、月間獲得新規顧客〇件などが該当します。
売上数値の達成状況だけ見ても結果論で、努力の過程が分かりません。

次に重要なのが「進捗管理」です。
我々のスタッフが第三者として、毎月取締役会に出席して事業計画やKPIの進捗状況を各部門責任者からの説明を聞いて質問をし、予算未達原因を協議してもらうサービスがあります。
これを毎月繰り返すことによって、ゼロ損益体質から黒字体質に大きく変貌する会社が数多くでました。
外部の人間から見られることによって緊張感が生まれ、「いつまでに何をする」を、各責任者がコミット(約束)することによって業績が好転していくパターンです。

社長さんがよく、経営コンサルタントを雇い入れても、目から鱗なんてコンサルは滅多にないとぼやきます。その通りかも知れません。
会社としてやるべきことは、社長が一番分かっているはずですが、具体的な行動計画や進捗管理が難しいというのが実情です。

どの会社も、大きなポテンシャルを持っています。
計画と行動、進捗管理が不足しているだけです。

今月の第118回のびよう会は、この事業計画にスポットをあてます。
8月22日(水)15時、夏場で少し時間がとれるようになったマネジメント層の方々、代々木にご参集下さい。( http://koyano-vp.com/page0120.html

〜 夢・理想・計画・行動があるのにうまくいかないゴルフ、 小谷野でした 〜


20180809.png
posted by 小谷野 幹雄 at 17:32| 2018年

2018年08月02日

バレンシア・オレンジ〜南スペイン訪問〜

小谷野です。

「観測史上最高気温」という言葉が飛び交います。酷暑お見舞い申し上げます。

スペイン南部を訪れる機会があったのでスペイン四方山話です。
地中海気候のスペイン南部は、昼間気温は日本と同じく30度超えで日差しが強く暑いので、シエスタという午後に3時間程度の休息をとる制度も頷けます。

しかし、7月8月の降水量はゼロに近く、一日中青空で雲を見ることがないほど湿気が少ないので、日陰や朝夕は涼しい場所でした。
このような乾燥した地中海気候はオリーブや葡萄、そしてオレンジの生産に適しています。

個人的に好物の、絞りたてフレッシュ・オレンジジュースが、どこにいっても目の前で絞ってくれる正真正銘のフレッシュであることに感銘しました。
日本では、一流ホテルが缶詰めジュースをフレッシュとして出す、メニューの虚偽表示が話題になりました。

ところで、日本ではオレンジと言えばバレンシア・オレンジが有名ですが、私はスペインのバレンシア州のオレンジだと思っていました。しかし、原産は米国カリフォニア州だそうです。
米国に移住して品種改良したスペイン出身の農家が命名したようです。

最後に、多少真面目な仕事話です。
スペイン国の法人税率はやや低めの25%、消費税率は基本21%と高めですが、軽減税率には10%と4%があり、ホテルやレストラン等が10%で、観光客には10%のイメージが残ります。

国は財政再建途上で、2017年失業率は17.1%、若年層(18−24才)は36%と相変わらず高いですが、暴動等はありません。
「将来を憂うより、今を楽しむ」スペイン気質、現地にいると染まります。

〜 フーゴ・デ・ナランハ(*)、 好物の現地名は覚える小谷野でした 〜


(*)Jugo de naranja スペイン語でオレンジジュース

Fotolia_68556158_XS.jpg
posted by 小谷野 幹雄 at 18:01| 2018年

2018年07月26日

2018年の天体ショー〜夏休みに3回も〜

小谷野です。

酷暑、お見舞い申し上げます。
気温40度超が各地で観測されました。百葉箱の中で40度ということは、道ばたでは50度を超えているのでしょう。
ちなみに百葉箱は、木製の風通しの良い構造で、熱を反射するように外側は白色に塗られ、地上1.2〜1.5mに設置されるそうです。

この地球上の大気から更に遠くに目線をあげてみると、今年は天体ショーの当たり年のようです。
今週末7月28日(土)は、皆既月食が見られます。
金曜日の深夜まで飲む方は、朝方千鳥足で空を見上げると観察できるかもしれません。
北海道・東北など北日本では観測が難しいようですが、東京では食の始めが3:24、皆既食のまま月の入りとなるそうです。南日本では、最後まで観察できそうです。

月食とは、月全体が地球の影に隠れてしまい、月面の一部または全部が暗くなる現象です。
真っ暗ではなく、地球の大気で屈折した太陽光が月に当たり赤銅色になるので、海外ではブラッド(血)ムーンと呼ばれます。ちなみに今年は1月にも見られました。

また、来週の7月31日火曜日には、火星が15年ぶりに大接近するので肉眼で見られます。
望遠鏡があれば火星の模様まで見られそうです。
米国のカリスマ起業家イーロン・マスクの移住計画で、2030年までに人を送ると言っていた火星です。

その後の8月13日にはペルセウス座流星群、12月14日はふたご座流星群の観察ができるようです。

今年は、異常気象を解明する気象学科や地球物理学科、星空を観測する天文学科と理学部が忙しくなりそうです。

ところで、天文学科の教授によると、宇宙の広さは人類が観察可能な範囲だけで、半径465億光年の球状だそうです。想像不能ですが、我々の日常は地球という小さな鳥かごの中のことのようです。

〜 鳥かごのドラマが宇宙規模、小谷野でした 〜


1.jpg

2.jpg
posted by 小谷野 幹雄 at 16:48| 2018年

2018年07月19日

他人を変えるのは難しい〜働き方改革法成立〜

小谷野です。

先進国中、日本の時間あたりの労働生産性の低さは突出しています。
米国比較では40%も低い水準にあります。(図参照)

一方、働き方改革の目玉として労働時間を減らすための法律がようやく国会を通過しました。
労働時間の長さに頼った会社経営ではなく、時間当たりの生産性の向上に取り組まなければなりません。

(主な改革関連法内容)
・残業時間の制限(大企業2019.4から、中小企業は2020.4より)
 年720時間、月100時間 2-6ヶ月平均で80時間以内
 月45時間超残業は年6回まで

・労働時間の客観的把握を義務づけ

・中小企業の割増賃金(2023.4より)
 月60時間以上は1.5倍に

・年間休暇104日以上、有給消化年5日以上 
 などなど・・

・脱時間給(2019.4より)
 一部、高収入専門職を労働時間でなく成果で評価

余談ですが、働き方改革に真面目に取り組んでいる社長が「自分を変えるのは易しいが、他人を変えるのは難しい」とぼやいていました。
この社長、労働時間の短縮を進める傍ら、残業が減って社員の収入が減ってはいけないと、生産性の向上を見越して大きな昇給をここ数年続けていました。

このような様々な改革を進めてきたにもかかわらず、自分の会社はブラックだと騒ぐ社員が出るそうです。

理由は、一部の社員の働き方改革が進まないからだそうです。
時間をかけてじっくり仕事をするスタイルを指導によっても変えられないのです。
本人に悪気もなく残業請求もしないそうですが、周囲は過度な仕事の指示、未払残業問題が発生していると捉えるようです。

経営者や政治家は本来マクロ視点、つまり全体が良くなっているかで評価されるべきですが、現実は異なり、ミクロ視点、うまくいかない例外事例を強調して叩かれるのが常のようです。

〜 経営者にも働き方改革が必要、3000時間超え小谷野でした 〜


無題.png
posted by 小谷野 幹雄 at 14:34| 2018年

2018年07月12日

母の生き写し、勧玄君〜7月大歌舞伎〜

小谷野です。

今月の歌舞伎座は、市川海老蔵さんとその息子堀越勧玄君の共演が昼夜ともあるのでチケット入手が相当難しいようです。
舞台で拝見した勧玄君の顔は、昨年乳がんで亡くなった小林麻央さんの生き写しでした。

昼間の部は秀吉の太閤記もので、明智光秀(中村獅童)の謀反の後、信長の後継者を決める会議で秀吉(海老蔵)が三法師(勧玄君)を抱いて後継者の地位を固めるお話です。

ところで、2020年の大河ドラマは、この謀反を起こした明智光秀を主役とする『麒麟がくる』に決まり、主演は長谷川博己さんのようです。
麒麟とは、仁のある政治(戦国を終わらせる)と現れる聖なる獣のことで、才能と人徳を兼ね備えている人も麒麟にたとえます。

この明智光秀といえば転職を重ねていく出世魚です。
斎藤道三に仕え、将軍足利義昭に仕え、そして織田信長の盟友となり、大出世を遂げました。
これだけ見事に転職できるのですから、相当な能力があったのでしょう。
中途入社には冷たい成熟企業(普通の大名家)と違い、新興企業(織田信長)の能力主義を徹底した組織の中で目覚ましい出世を遂げたのだと思います。

時代も味方しました。
安定した時代には家柄や年功を重んじるので、光秀のような転職組の出世は難しかったかもしれません。

さて、重用された後の明智光秀謀反の謎は大河ドラマを観ることにします。
歌舞伎座夜の部の源氏物語は、歌舞伎がオペラと能楽を融合し、プロジェクションマッピング技術まで取り込んで進化した舞台となっています。
色事華やかな時代のこと、年配の女官が「恋は闇を照らす人生の光、私は生涯現役」と意味深なことを言っては観客の笑いをとっていました。

〜 闇がないから光に気づかない、小谷野でした 〜


20180712.jpg
posted by 小谷野 幹雄 at 15:16| 2018年

2018年07月05日

株主総会、様変わり〜対応には専門能力〜

小谷野です。

先週は、上場会社の株主総会の開催が集中した週でした。
私も役員として連日壇上の人となりました。

私が社会人となった頃の株主総会とは様変わりです。
昭和の株主総会は総会屋と対決(恭順)するのが最大の課題でした。
当時、総会屋担当になった社員は反社会勢力との対応で、肉体的にも精神的にも大変で、さらにその家族を守るため会社の社員名簿から削除されました。

しかし、今考えてみれば、特殊株主の議決権数は僅かで決議に影響しません。
総会において騒がれたくないという、法律論とは全く関係ない理由で対応していたことに空しさを感じます。

現在は多くの株主が意見を主張する場になり、ファンドなどのモノ言う株主からは、毎年多くの株主提案がなされます。
物言う株主は、法律に準拠した正規の提案ですから、法律的である意味総会屋よりも対応が難しい仕事になります。

総会での決議事項も大きく変わりました。
上場会社は、決算について株主総会の承認が不要になりました。
また配当金の金額も取締役会で決めて総会決議にしない会社もあります。

最近の会社提案の決議事項で重要なのは役員の選任議案です。
収益性(ROE)が低い経営陣には役員選任の反対票が入る傾向があります。
50%台の賛成票で薄氷の再任役員もでます。

このように、会社提案に反対票も常に投じられる時代です。

全く余談ですが、株主優待制度が目的で株式投資をする人は少なくありませんが、株主総会の手土産目当てで総会に出席する方も多いようです。手土産を廃止して、総会の出席者数が激減した会社もあります。
株主総会おみやげ事情なるHPもあり、おみやげの推定金額の記載まであります。

〜 家ではいつも異議ありと言われる、小谷野でした 〜

Fotolia_210540963_XS.jpg
posted by 小谷野 幹雄 at 18:00| 2018年

2018年06月28日

WHOがゲーム障害を認定〜リアルとバーチャル〜

小谷野です。

今週事務所すぐ近くの代々木駅前の居酒屋で立てこもり事件が起き、通行規制や駅へのアクセスも制限され大変な迷惑でした。
幸いケガ人はありませんでしたが、富山で21才の若者が交番で警察官を刺し殺し拳銃を奪い、さらに工事警備員を射殺した事件も報じられています。

今月上旬には22才の若者が新幹線の中で、無差別に人を切りつけ、制止しようとした人を刺殺したりと残忍な報道が絶えません。この犯人たちには、リアルの残忍さの感覚がないようです。バーチャルのゲーム内のような感覚で殺人しているようにも思えます。

ところで今月、世界保健機構(World Health Organization)が、ゲーム障害(Gaming disorder)という病気を認定し国際疾病分類(ICD)に追加しました。
ゲーム愛好家の2−3%がこの病気に分類されるそうです。

この疾病の兆候は、

 1.ゲームをする時間や場所などに対する抑止力の欠如
 2.ゲームの優先度が他の生活上の興味や日々の活動を上回る
 3.悪影響が見られるにもかかわらずゲームへの没頭が継続、激化する 

疾病の特徴はギャンブル依存症に近いようですが、症状の追加が必要ではないでしょうか。
「リアル(現実世界)とバーチャル(ゲーム内仮想現実)の区別が困難になる」です。

しかし一方で、リアルとバーチャルを融合する世界を追い求めているビジネスの世界があります。
デジタルネイチャー、ミクスド・リアリティ−という世界を研究している人たちもいます。
将来、人形や映像の異性に恋することも現実にう起こりそうです。
リアルとバーチャルの境界線を無くすビジネスが成長する一方、明確に区別できる心の鍛錬も必要なようです。
〜 美女に囲まれ、夢か現(うつつ)か幻覚か 〜


20180628 - コピー.jpg
posted by 小谷野 幹雄 at 16:04| 2018年

2018年06月21日

心づくしの相場〜6月大歌舞伎〜

小谷野です。

今月の歌舞伎座の夜の部の「巷談宵宮雨(こうだんよみやのあめ)」では、妙蓮寺住職だった龍達(中村芝翫)がお寺に埋めて隠した金100両の発掘を甥(尾上松緑)に依頼したところ、見事に甥が発掘に成功して戻ってきました。

お礼を3割の30両位と見込んでいた甥が、お礼がたった2両であったことに腹を立て、叔父を殺して100両を奪うシーンがあります。

芝翫(橋之助)のケチケチぶりの演技が見物なのですが、1割位のお礼をすれば殺されずに済んだのかも知れません。

先週末のアラ還(60才に近い)の友人の結婚式では、ご祝儀の金額で悩んでしまいました。このような祝儀、御礼、心づくしの金額にはいつも悩まされます。
海外旅行でも、スマートな旅行者であるためのチップの相場を頭痛の種と感じる人も多いのではないでしょうか。

ところで、法律でお礼について定めているのは遺失物法28条1項でしょうか。
落とし物の返還を受ける場合には拾い主に5−20%の報労金を支払う事(義務)になっています。
やっぱり、前述歌舞伎の欲深叔父さんの2両(2%)の御礼は少なすぎたようです。
同時演目の「夏祭浪花鑑(なつまつりなにわかがみ)」も、団七九郎兵衛を人間国宝である中村吉右衛門が、お辰を中村雀右衛門が熱演中で見物です。

〜 無償(見返りを一切求めない)の愛はあるのか、小谷野でした 〜


20180621.jpg
posted by 小谷野 幹雄 at 13:56| 2018年

2018年06月14日

七つの習慣〜人生を幸福に導く〜

小谷野です。
書棚を整理していたら、米国の経営コンサルタントDr. Covey(2012年没)の
ベストセラー『七つの習慣』が出てきました。
成功には原則があり、人を幸福に導く原則として書かれた物です。
 
(第一の習慣)主体的であること
 主体的でない人は、仕事のミスも、育ちや家庭環境、星占いの結果も、
 異性に振られるのも、他人や社会のせいにする。
 自分の性格や行動を決めているのは、自分のはずだ。

(第二の習慣)終わりを思い描くことから始める

(第三の習慣)最優先事項を優先する
 1.緊急で重要なこと・・・締切のある仕事、重要な約束、病気災害対応
 2.緊急だが重要でないこと・・・電話対応、メール対応、緊急の来客対応 
 3.緊急性はないが重要なこと・・・人間関係作り、健康維持や自己啓発、
                 仕事の計画・準備
 4.緊急性はないが重要でもないこと・・・ゲーム TV

(第四の習慣)WIN‐WINを考える

(第五の習慣)まず理解し、そして理解される
       相手の言うことをよく聞く傾聴
 第一段階 相手の言葉のキーワードを繰り返す
 第二段階 相手の話の内容を自分の言葉で置き換えて言い直す
 第三段階 相手の感情に、自分の言葉であいずちを打つ
 第四段階 二と三を同時に行う
 言葉の正しさでは人は動かない 論破はできても相手の心を閉ざしてしまう。

(第六の習慣)シナジーを創り出す

(第七の習慣)刃を研ぐ
 肉体、精神、知性、情緒などをバランス良く磨き、自身の資源を維持する

 何年かぶりに目にしましたが、いまだに啓蒙されます。

〜 夜更かし、暴食、ネオン街・・悪習漬け 小谷野でした 〜


Fotolia_208262997_XS - コピー.jpg
posted by 小谷野 幹雄 at 17:10| 2018年

2018年06月07日

モノの動きのパラダイムシフト〜フリマサイトが急成長〜

小谷野です。

邦画として21年ぶりにカンヌ映画祭最高賞パルムドールを受賞した是枝監督の「万引き家族」が、今週末封切りされます(祝)。

ところで、小売業の経営者の方が、昨今万引きが増えて困っていると言っています。
店舗内の警備員の数を増やしたり、従業員不正の牽制のためにバックヤードにも多くの防犯カメラを設置したりと、コスト上昇をぼやいていました。

その根拠は、商品(棚卸資産)ロス率の上昇のようです。
少し堅い話ですが、商品ロス率は
(1)外部ロス(2)内部ロス(3)管理ロスに分けられます。

(1)外部ロスは、店舗に来た顧客の万引きです。
(2)は従業員や業者の万引きです。
(3)管理ロスは管理上のミスで商品の数え間違いや、レジの打ち間違いのロスです。

この数年でロス率1%台から4%台まで上がっている小売の会社もあり、
紛失した商品は、市場で流通量の多い「定番商品」または「人気商品」に
偏っているので、上記(1)(2)が疑われているようです。

この「商品ロス」は、「値引き」や「商品評価損」などとは比較にならない損失を会社に与えます。
ロスは値引き100%ですから、利益率が20%の商品なら5個売った利益が1個のロスでなくなります。

この背景には流通の大きな変化が指摘されています。
フリマサイトの成長で、個人が誰でも「モノ」を簡単に(高く)売れるようになりました。
従来、一般人が物を売るには、まずは知人友人に声をかけ、リサイクルショップ、バッタ屋で換金していましたから、足下を見られて安く買い叩かれることも多かったそうです。
最近のフリマサイトによる個人の販売力は、リサイクル業界にも大きな影響が出ており、モノの動きのパラダイムシフト(個人から個人)が始まっているようです。

〜 フリマサイトでも売れない不良在庫、小谷野でした 〜

Fotolia_197956331_XS - コピー.jpg
posted by 小谷野 幹雄 at 14:55| 2018年

2018年05月31日

ルールは何のためにあるのか〜面白、安全、共生、成長〜

小谷野です。

日本大学のアメリカン・フットボール部の反則問題は、「スポーツとは、ルールとは」と再考させられる事件でした。

私の息子も高校時代にアメフト部に所属していました。
ポジションはワイド・レシーバー(WR)で、クォーターバック(QB)の投げたボールをキャッチする役割でした。
ジャンプした瞬間の無防備な状態で相手タックルを受けることもしばしばで、毎試合のように担架で運ばれていました。

フルコンタクト・スポーツのルール内とはいえ、息子が無防備な状態でタックルを受けるのを見続けてきた親として、今回の日大の反則プレイのビデオを見たときは、「これはスポーツではない、傷害事件だ!」とTVに大声で叫んでしまいました。

ルールの存在意義は、スポーツを楽しくする、面白くする、安全にプレイする、考える選手を育てるなど数多くあげられます。

サッカーでも、イエローカードやレッドカードがなければ、怪我人が続出します。
ちなみに法務省HPでは、ルールとは共生のため、相互尊重のため、生活を豊かにするため、紛争を解決するためのものとあります。

ルールを冒涜し、恐怖や暴力で組織を統治した独裁者の末路は、いつもミゼラブル(miserable)。

〜 家の沢山のルールが覚えられない、小谷野でした 〜

1.jpg

2.jpg

3.jpg
posted by 小谷野 幹雄 at 17:17| 2018年

2018年05月24日

価値観が違うから結婚した〜結婚観いろいろ〜

小谷野です。

朝丘雪路さんの訃報報道で心に残る言葉がありました。
夫の津川雅彦さんの言葉で、「性格が不一致、価値観が違うから結婚した」です。
世の中のカップルや夫婦を幸せにする(救う)言葉に感じました。

価値観の違いは、大抵マイナスと捉えられます。
「価値観が違うことがわかったから離婚する」という具合です。
考えてみれば、価値観が全く同じ人との生活は、つまらないものかも知れません。
会話の範囲も相手の意見も判断も同じでは、驚きもなく、ワクワク感も生まれないでしょう。

さらに、狭い価値観の中での僅かなすれ違いを大きく感じて、破綻を招いているのかも知れません。
「価値観が違うから結婚する」は、世の中のカップル・夫婦のみならず、人間関係の悩みを大きく軽減する言葉に感じました。

マネジメントの世界では現在、人材のDiversity(多様性)の重要性が叫ばれています。
同じ価値観を持つ人間だけで組織が構成されたら、新しいアイデアも少なく、種々の変革も、大きなマーケットを相手にすることも難しいからと言われます。

生涯3回しか料理をしなかった女優、朝丘雪路さん。
周りを驚かせ、ワクワク感を振りまいたのかも知れません。(黙祷)

〜 価値観が違うことを楽しもう! 小谷野でした 〜


Fotolia_176583065_XS - コピー.jpg
posted by 小谷野 幹雄 at 17:35| 2018年

2018年05月17日

観光地の苦悩〜伊訪問記[3]〜

小谷野です。

日本への観光客数は急増し、今年は3000万人を超えるようです。
イタリアは人口6000万人に対して観光客数は5000万人超と観光大国の先輩です。
このような観光大国の最大の悩みは観光客数の増加が社会インフラのキャパを超えてしまい、住人と観光客の共生が難しくなることのようです。
例えば、カプリ島の苦悩。カプリ島はナポリからも近く、青の洞窟や景色の良いリゾートで有名ですが、島は観光客の重要性については理解はしても、フェリ−のスケジュールを規制しようとしています。
島内の重要な交通手段であるロープウェイやバス混雑による待ち時間の異常性は、島民にも苦痛のようです。

そういえば日本でも、表参道のイルミネーション見学の混雑が異常で周辺住人が車で自宅に帰れないという問題もおきました。

先月、軽井沢町は町内渋滞を理由にハイシーズン時期の民泊禁止を打ち出しています。
観光客と住人の共生は、大きな課題になりそうです。

以下は、取り留めも無い笑い話です。

・イタリア大使の勘違い
イタリアの新しい大使が日本に赴任すると、イタリア国旗をあちこちで見かけるのでたいそう喜ぶそうです。
その正体は日本におけるイタリア料理店の多さで、東京だけで3600件もあるそうです。

・マニュアル車の功罪
欧州人は運転好きが多く、マニュアル車が主流です。
私がオートマでないと不便だと言うと、反論されました。ボケ老人が少ない理由も、操作ミスによる事故が少ないのも、マニュアル車のお陰だと言うのです。
常に脳を活発に使って運転して若さを保ち、またクラッチがあるマニュアル車ならアクセルとブレーキを踏み違えて大事故を起こすことも少ないと、得意満面でした。真偽は不明ですが。

・食事の甘さ論議
私が、デザートが異様に甘いと指摘したら、日本食はデザートだけでなく、すべての料理が甘いと反論されました。確かに、煮物にも砂糖やみりんといった糖度のあるものが使われています。
トータルで砂糖摂取量は変わらないようなので引き分けでしょうか。

〜 マニュアル車が大の苦手、小谷野でした 〜


20180517.jpg
青の洞窟
posted by 小谷野 幹雄 at 13:59| 2018年

2018年05月10日

健康経営〜従業員・管理職・経営者・会社も健康に〜

小谷野です。

日本の多くの企業が、働き方改革の真っ只中です。
この改革は、労働時間の短縮と効率性の向上を目指していますが、その過程で忘れてはならないことがあります。

それは、一般従業員にも管理職にも経営者にも大切な「健康」です。
僅かな不健康でも仕事の効率性を著しく低下させます。

東京証券取引所は経済産業省と共同で、従業員の健康管理を経営的な視点で捉えて戦略的に取り組んでいる企業を「健康経営銘柄」として選定しており、株価も堅調のようです。

非上場の会社であっても、経済産業省が主管で進めている健康優良法人制度にチャレンジできます。
当事務所も来年の認定を目指し、働き方改革に加えて健康セミナーや健康イベントに取り組んでいます。
従業員も管理職も経営者も会社も「健康」になるための「のびよう会」が来週5月16日(水)15時に開催されます。関心ある方は代々木にご参集下さい。
http://koyano-vp.com/page0120.html

〜 健康経営アドバイザー(初級)、小谷野でした 〜

健康経営.png

認定証.png
posted by 小谷野 幹雄 at 17:36| 2018年

2018年04月26日

イタリアの税制〜伊訪問記[2]〜

小谷野です。
5年ぶりのイタリア訪問記の続きです。今回は真面目な税金の話です。

(消費税−VAT付加価値税)
イタリアの標準税率は22%ですが、軽減税率があります。食肉、卵、薬などは10%、生鮮野菜、牛乳、チーズ、パスタ、新聞などは4%です。

日本も来年の消費税率10%への引き上げ時に軽減税率が導入される予定です。
伊での教訓ですが、消費税率も20%という水準になると、脱税が増えます。
個人宅の内装工事の発注などで、現金支払いで領収書不要なら2割引という取引がよくあるそうです。
イタリアでは実際の税収額の2割以上の脱税額があると言われています。
この防止策として、現金取引の上限設定、インボイス方式(税計算のための厳格な証憑)の導入が予定されています。

(法人税・所得税)
日本では30%位の法人税負担が、イタリアでは実質25%以下で済むことが、個人会社が多い理由の一つでもあります。

一方、所得税負担は高く、高所得者50%程度の税負担は日本とあまり変わりませんが、低・中所得者層の税負担は日本と比較にならないほど高いです。
低所得者でも30%程度の税負担があります。
しかし、これはイタリアが高いと言うよりも、所得税負担率10%以下の層が8割以上という日本の現状制度に異常性があるようです。

(相続税率)
税率は4%で基礎控除も1.3億円あります。
日本の最高税率55%で基礎控除3000万円と比較すると税負担が極端に低い国と言って良いでしょう。

昔、財産とともに母と娘がイタリアに移住したケースがありましたが、その背景にはこの税制がありました。
ファミリー会社(日本で言う同族会社)の相続が容易であり、ノウハウや伝統を受け継ぎやすい環境とも言えます。

日本も先月、平成の徳政令といわれる会社相続の特例措置が導入されました。
(詳しくは http://koyano-cpa.sblo.jp/article/182695575.html

ところで会計の世界の話ですが、複式簿記はイタリア人数学者ルカ・パチョーリが繁栄していた商業の街、ベネチア商人の様々な取引を整理するために発明したと言われています。
商業と銀行業の記録・計算のために発達したようです。
ちなみに銀行業もイタリアが発祥で、12世紀に伊で両替に使った長机(banco)がバンクの語源にもなっています。
この他、イタリア起源としては、クラッシック音楽、オペラ、
最古の総合大学といわれるボローニア大学、フランス料理も
フランス王アンリ2世に嫁いだイタリア・メディチ家からカトリーヌが
持ち込んだ料理が起源と言われています。

〜 みやげに香水買って、にわかイタリア男 小谷野でした 〜



複式簿記生みの親 ルカ・パチョーリ
20180426.jpg
posted by 小谷野 幹雄 at 17:16| 2018年

2018年04月20日

3人寄れば4つの政党ができる〜個人主義のイタリア〜

小谷野です。

イタリアを5年ぶりに訪問しました。在伊50年以上の日本人をはじめ様々な方のお話を聞く機会に恵まれました。

現地の監査・税制などの話は後日にして、イタリア人気質の話です。
イタリア人気質として、ラテン系の陽気さが有名ですが、個人・家族主義の強さも特色のようです。

1.3人寄れば4つの政党ができる
政治の世界で使う言葉ですが、主義主張が多く強いので、一つにまとまることが難しいことを表す言葉のようです。
私が訪問したときイタリアは3月4日選挙後の無政府状態が続いていました。
一つの政党が過半数の支持を得るのは困難で、さらに連立も難しいのがその理由でした。
日本のように「昨日の敵は今日の友」、自民党と社会党が連合する野合などはあり得ない風土のようです。
ちなみに投票率は73%で低い方だそうです。

1.カンパニーレ(鐘楼)が見える範囲が自分の生活圏
中央集権の長い歴史を持つ日本とは異なり、伊は様々な小国が150年前にひとつになったので、地域志向がとても強く感じます。「あなたイタリア人?」「いいえ、ベネチア人です」という会話も普通に行われます。
カンパニーレ(鐘楼)は、日本で言うと村の「火の見櫓」でしょうか。

1.会議では様々なアイデアや意見が集まる
会議になると、日本とは違い、各人が様々な意見を述べるそうです。
ブレーン・ストーミングで人々からアイデアを出してもらう目的では大変有効な気質だそうです。
一方、皆の意見をまとめて前に進むのは容易ではないそうです。

1.小規模の会社が多い
個人・家族主義が強く、組織のために働く意識が低いので大企業が育ちにくい風土のようです。
零細・小規模の企業比率が高く、このような個人・家族主義は伝統を守り続けることを容易にし、さらに職人気質を育み、バッグ・靴・車などこだわりの高品質の製品を多く生んでいます。

ところで、気質とは関係がありませんが、イタリアは第二次世界大戦で戦勝国でした。
日独伊三国同盟の同胞であり敗戦国と思っていましたが、伊は戦勝国だったのです。
戦況が悪くなると王政(現在は共和制)を盾にムッソリーニを排除、終戦直前にはドイツ、日本に宣戦布告をしています。
戦後日本への戦争賠償請求も行われ、日本は見舞金の名目で賠償しています。
                                        (つづく)


〜 「あなた日本人?」「いいえ、代々木(事務所所在地)人です」小谷野でした 〜


Fotolia_198429280_XS.jpg
posted by 小谷野 幹雄 at 19:17| 2018年

2018年04月12日

孤独を愛せよ〜スマホの通知がない時間〜

小谷野です。

どちらのお坊さんの卓話か忘れましたが、「孤独を愛せよ」という言葉を思い出すことがありました。
孤独を嫌がる人は自由を嫌がる人だとか、群れの中だけでは物事を考える時間を無くし、人の創造や想像性を損なうという内容だったと記憶しています。

先日、スマホ嫌いのガラケー社長が嘆いていました。
若い社員連中との会食会で、数分おきにスマホのSNS通知音があちこちで鳴り、そして多くの人が受信の数秒後には返信していたそうです。
社長が内容を尋ねると、友人の夕食内容の報告だったり、知人の旅行中の報告だったり、とても急ぎでコミュニケーションをする必要性を感じなかったそうです。
孤独を嫌い、いつも誰かと繋がるために行う、四六時中「スマホいじり」は、考える時間を人から奪っていく、と懸念していました。

確かに、電車に乗ると殆どの人がスマホの画面を見ています。
SNSのメッセージを作ったり、ゲームで遊んだり、マンガを読んだり、ニュースを眺めたりして、創造性の高いことをしている人は意外と少ないようです。
昨今は電車の中で、本(電子ではなくアナログ)を読んでいる人がとても知的に素敵に見えてしまいます。

〜 SNS反応が遅い、しかとするなと(妻から)叱られる、小谷野でした 〜

Fotolia_198249755_XS - コピー.jpg
posted by 小谷野 幹雄 at 15:45| 2018年

2018年04月05日

日本の不思議〜観光立国を目指すのなら〜

小谷野です。

海外から日本に戻るとオヤッと思うことがいくつかあります。

日本の海外からの観光客数は、東京オリンピック効果もあり、ウナギのぼりです。
昭和の終わり頃は年200万人程度の訪日外国人数でしたが、2018年の今年は3000万人を超えると言われています。

ちなみに世界で観光客数が多いのは2016年の統計では第1位が観光大国フランスで、訪問者数は8300万人と仏国民の人口6400万人を上回っています。次が米国とスペインの7500万人、そして中国、イタリアと続き、日本は15位となっています。

以下、オヤッと感じる日本の風習です。

1.クレジットカードを預ける
レストラン、小売店などで、店の人が客のクレジットカードを預かって視界から消えることがよくあります。これは怖い。
過去日本でも居酒屋でカードを預けてスキミングでカード情報を盗まれ不正使用される事件が多発しました。
観光先進国では、客のクレジットカードに店の人が触れることは多くありません。
決済端末に挿入するのも客自身、金額・通貨確認・pinコード入力後カードを端末から抜くのも客自身で、他人が自分のカードに触ることがないので安心感があります。

1.洗面所で洗った手を乾かす手段がない
日本はハンカチ文化です。手を洗ったら、ズボンのポケットやハンドバックからハンカチを出して手を拭きます。しかし、この文化は一般的ではありません。
ハンド・ドライヤー(or紙タオル)の設置は海外観光客の受け入れには必需品と考えます。主要空港のお手洗いでも設置されていない場合が多く、驚きます。

1.新幹線にスーツケース置き場がない
旅行者は国内移動に新幹線を使います。
現状は大きな重たいスーツケースを無理に網棚にあげたり、
車両の最後尾の僅かなスペースに突っ込んだりしていますので、落ちる危険があったり、最後尾の席の人はリクライニングが使えなくなったりします。
日本は成田エクスプレスなどの空港列車以外の長距離特急列車においても、鍵機能のついた荷物置き場は必要と思います。

1.現金決済が主流である
日本の現金決済比率はようやく50%を切ってきたと言われます。
海外では社会システムのキャッシュレス化のスピードは早く、現金決済が10%程度になっている国もあります。旅行者になると分かりますが、現金払いの場合は種類の多い小銭の価値を理解していないので、お釣りが合っているか確認するのも不便です。

1.高速道路の標示が難しい
リピーターの旅行客はレンタカーを借りて移動するケースも多くなりますが、日本の道路標識は難しく、番号も付されていない高速道路名と見知らぬ街の名前だけでは、分岐点では間違いが多くなります。
分岐点では、東(East)西(West)南(South)北(North)の表示が入っていると、間違いを減らすことができます。
東名高速の番号が10番なら、10Westを見つければ大阪方面とすぐに分かります。
(*高速道路への番号導入は国交省で検討中だそうです。)

そのほか、細々としたことですが、
・タクシーにスーツケースが乗らない
 最近、新しい車両への入れ替えが進んでいますが、まだまだです。
・羽田の国際線ターミナルの自動車社会を前提にしていない道路設計
・挨拶が少ない
 タクシーの乗降時には、客も運転手も明瞭に挨拶を交わす国が多い。
 帰国すると、タクシーに限らず日本人は様々な局面で挨拶が少ないと感じます。

〜 にわか海外かぶれ? 小谷野でした 〜

Fotolia_195864723_XS.jpg
Fotolia_81048628_XS.jpgFotolia_183755941_XS.jpg
posted by 小谷野 幹雄 at 17:02| 2018年

2018年03月29日

中東で何が起きているか〜ドバイ訪問〜

小谷野です。
15年ぶりにドバイを訪問しました。
相変わらず至る所が建設現場で、成長を実感する都市でした。
ドバイはアラブ首長国連邦7国のひとつですが、石油の埋蔵量が少なく、早い時期から脱石油の経済振興に努めてきました。今では、中東の金融センター、観光業、不動産業、情報通信業、様々なサービス産業を振興し、現在GDPに占める石油の割合は僅か2%です。

ちなみに首都があるアブダビではGDPの50%が石油、サウジアラビアでは石油依存度は80%となっています。中東の多くの経済は、石油依存の一本足打法となっています。

ところで、MENA(Middle East North Africa/中東・北アフリカ)地域は、アジア地域よりも人口増加が大きく、さらに4億7千万人の人口の平均年齢は28歳と若年層が豊富で、今後相当な期間において大きな市場であり続けるでしょう。

サウジアラビアで王族内のクーデターが起きたのには驚きましたが、背景には原油価格下落による国家財政の破綻があったようです。
世界屈指の原油埋蔵量を誇るサウジアラビアは、家の庭を掘ればいつでも小判(石油)が出るので、お金に困ることはないと思っていました。
ところが現在、世界最大の時価総額になるといわれる国営石油企業サウジアラムコを上場させてまで、資金調達を行い国家財政の赤字を埋めようとしています。

〜 家の庭を掘ってもゴミしか出ない 小谷野でした 〜

20180329ブログ1.jpg
世界最大の高さの建物 ブルジュ・ファリハ(206階828m)

20180329ブログ2.jpg
建設ラッシュが続くドバイ市内
posted by 小谷野 幹雄 at 18:05| 2018年

2018年03月22日

時間当たりの労働生産性〜意識の変革〜

小谷野です。

日本の時間当たりの労働生産性ランキングはOECD(*)35ヶ国中20位とのことです(公益財団法人日本生産性本部)。

よく、日本人は働き方がヘタだと言われますが、これが数値にも表れています。
しかし、私は日本人の平均的な能力が劣っているとは思いません。
労働に対する意識の違いが原因だと思います。

日本では生活や意識の中心に常に仕事がありますが、海外では仕事以外に意識の中心がある場合が多いようです。
欧州企業では、日々の労働において、各人が帰社時間を決めています。
その決めた時間に帰るために、時には爆発的な集中力を発揮します。
日本企業で帰社予定時間を聞くと、「仕事が終わったら」と答えます。
こういった意識は「就業時間内に終わらなくてもいいや」、「終わらなければ休みに出てくればいいや」と、長時間労働の問題に繋がっていきます。

休暇に対する意識も異なります。
年末に来年の手帳を購入すると、日本人は仕事のスケジュールを真っ先に書き込みます。
私の海外の友人は、家族の誕生日と年間の休暇予定を真っ先に手帳に書き込みます。
年明けには既にバカンスの内容が決まっているそうです。

日本でも、現在働き方改革が話題ですが、生産性の向上なき改革は斜陽を招きます。
毎日帰る時間を決める、休みの予定を入れる、それに合わせて仕事の時間に集中すると、生産性の世界ランクは上がるのではないでしょうか。

スイスの友人が先日、気に入ったシャツを購入して、「これは仕事にも使える」と喜んでいました。(!?)

〜 ゴルフ場の鉛筆、仕事にも使える! 小谷野でした 〜


*OECD:先進国が加盟する経済協力開発機構


Fotolia_138404897_XS.jpg
posted by 小谷野 幹雄 at 17:21| 2018年

2018年03月15日

平成の徳政令〜事業承継税制改革〜

小谷野です。

現在、国会は森友問題で停滞していますが、月末には平成30年度の税制改正法案が通過する予定です。

今年の税制改正の目玉は、事業承継税制です。
従来は、事業を拡大すべく経営者が頑張れば頑張るほど次世代への承継コスト(相続税や贈与税)が高くなり、円滑な経営承継の足かせになっていました。
事業承継の負担が重くて廃業して雇用が失われたりと、大きな社会問題でもありました。

これが今回、承継コストをゼロにする法案が出ているのです。
さらに後継者は子供だけではなく、生え抜き社員など血縁のない人間でも可能で、その後継者に会社株式を税負担無く譲ることができます。

ただし、その後会社を売却したり、経営を放棄してしまうと、遡って納税をする必要があります。 
このような特例を受けるためには、5年以内に経営承継計画を作成して提出し、10年以内に会社株式の贈与を実行する必要があります。
上場会社や資産管理会社は対象外となっています。
負担をゼロにする徳政令の要件はこの他にも種々ありますので、専門家に確認が必要です。

↓↓平成30年度税制改正サマリーはこちら↓↓
http://koyano-vp.com/page0191.html

〜 望む早期の国会審議再開 小谷野でした 〜


Fotolia_165804164_XS - コピー.jpg
posted by 小谷野 幹雄 at 16:57| 2018年

2018年03月08日

自分のモノサシ〜いつも怒っている人〜

小谷野です。

自分のモノサシほど当てにならないのではと感じる出来事に続けて遭遇しました。

・ゴルフ中に今日は調子が悪いと真剣に怒りだす方
 この方のモノサシは、過去にうまくできた時の技術や結果が基準になっています。

・この写真は自分の写りがひどく悪いと怒っている方
 この方のモノサシは、過去かっこよく、美しく撮れた写真が基準となっています。

・ギャンブルで負けて怒っている方
 この方のモノサシは過去勝った経験が基準になっています。


ところで、同じ10分でも人間ドックで胃カメラを飲んでいる時間と、恋人と過ごす時間では感じる長さは異なります。
時間に限らずモノサシは大方自分勝手なもののようです。
人や物の好き嫌い、そのときの都合や事情や感情に左右されそうです。
 
自分のモノサシを見直さないと、いつも何かに怒っている人生になってしまいます。

〜 「人の振り見て我が振り直す」 小谷野でした 〜

Fotolia_195035010_XS.jpg
posted by 小谷野 幹雄 at 14:47| 2018年

2018年03月01日

逆境から這い上がった人の強さ〜平昌オリンピック〜

小谷野です。

今回の平昌オリンピックでの日本選手のメダル獲得数は13個、8位までの入賞者総数は98人で史上最高の成績だったそうです。

今回オリンピックで目立ったのは、逆境から這い上がった人たちの強さでした。
ある金メダリストは、オリンピック直前に大きな怪我をするという逆境がなかったら、金メダルは取れなかっただろうと言いました。他にも怪我からナショナルチームに復帰しての入賞者は少なくなかったようです。

また2回前のバンクーバー大会に出場するも、前回ソチオリンピックの代表選考から漏れた選手が今回の平昌で代表に返り咲き、金・銀・銅の3つのメダルを取りました。前回大会で選考から漏れるという、悔しい思いを背に積み上げた努力のすさまじさは、想像に難くありません。

ところで、経営の世界でも同じで、どん底を経験した会社や経営者は強いものがあります。
突如の主力商品売上激減やリーマンショックなどで倒産直前までいった会社の劇的な復活事例は少なくなく、その後の成長にも目を見張るものがあります。
失敗は成功の母などと言いますが、逆境や失敗を人や会社の成長の糧にしなくてはならないと、考えさせられます。

米国シリコンバレーのベンチャーキャピタルは、過去に失敗を経験している経営者を日本のようにマイナスではなく、逆にプラスとして評価する傾向が強いですが、その理由の推量です。

・逆境に陥った理由を分析して改善策を真剣に考える
 二度と失敗しないための独自の哲学を作ります。

・順境を感謝するようになる
 社内外の関係がよくなります。

・順境の中でも真剣な努力をする
 人は順境の中では努力を惜しみます。

〜 不撓不屈(ふとうふくつ)を見た平昌大会、小谷野でした 〜

Fotolia_115680816_XS - コピー.jpg
posted by 小谷野 幹雄 at 16:30| 2018年

2018年02月22日

ネット断ち〜時間浪費を抑える〜

小谷野です。

最近、携帯・スマホ・タブレット禁止で1時間以上待たされる状況がありました。
端末が手元にあれば、メールをチェックしたり、疑問を検索したり、ニュースをチェックしたり、雑誌を読んだりと忙しくしていたでしょう。
しかし、端末のないこの1時間は、結果としてとても貴重な時間となりました。
現在執筆中の本のストーリー展開、仕掛かり中の仕事、経営、家族、ゴルフ・スウィングなど、様々なことを落ち着いて考える時間となりました。
昭和の時代にはよく遭遇したこの「間の時間」は、現在は携帯端末の普及によって皆無になっています。

ところで、ネットサーフィンは大方時間の浪費です。
過激なタイトルや肌のあらわなお姉さんの写真につられてついついクリックしてしまいますが、飛んだページを読んでも記憶にも残らない情報で、時間の浪費を繰り返しています。
ネット社会の中で自発的に情報を取りに行っているようで、実は溢れる不毛な情報に流されている自分に気づきます。

ネット上でのコミュニケーションにおいても時間を浪費するケースがあります。
多くの人が複数のSNSグループに加入していると思われますが、このムラ社会でのやりとり数が半端でない人たちが、周辺に多くなってきました。
食事中も数分毎にやりとりをしている。中には、ささいな意見の相違からいわゆるネット炎上している人も少なくありません。

私も、連絡事項の伝達には便利ですから使用しますが、秒単位で何人もの返信が返ってくるのにいつも驚きます。

アップルの最高経営責任者(CEO)ティムクックが先月、大学の講演でテクノロジーの過度な使用を控えるように、また甥にはソーシャルネットワーク(SNS)を使って欲しくないと発言して物議を醸しました。
子供のスマートフォン中毒は世界の社会問題となっているようです。

ネット断ちすると、孤独で退屈になるという意見があるようですが、退屈な時間は、瞑想的でクリエイティブであり、自分が何をしたいのか考える時間になることを今回体験しました。

〜 近く流行語大賞?「ネット断ち」 小谷野でした 〜


Fotolia_192809624_XS - コピー.jpg
posted by 小谷野 幹雄 at 14:21| 2018年

2018年02月15日

相手の人脈になる〜自分は活用してもらえるか〜

小谷野です。

人脈は大切であると、どんな本にも書いてあります。
仕事の機会や幅を広げる、困ったとき悩んだときに助けてもらえる人が増える、等々いいことずくめのようです。

先日、ある方がご自分の人脈の広さを自慢され、不動産業界は〇〇君、金融業界は〇〇君、こっちの世界は〇〇君、弁護士は〇〇君、税理士は〇〇君・・・雄弁に語られました。
しかしよくよく聞いていると、この人脈の定義は、いつでも気楽にタダで相談ができる相手でした。高校や大学時代の同級生は友人範疇ですから良いのでしょうが、前職の仕事上の関係の人たちが多いようでした。
疑問に思ったのは、相手の方々はこの人を人脈と捉えているのだろうか、ということでした。

これは、自分に当てはめて胸が痛い話になりました。
お世話になりっぱなしになっている方が沢山いて、お返しができず対等な関係ではないのではないか、相手に人脈と思ってもらえるような有意義な情報を提供できていないのではないか、相手にまた会いたいと思わせる人間にブラッシュアップされているのか・・・自己反省の日となりました。

〜 またすぐ会いたいわ(ホステスより)!?、小谷野でした 〜

Fotolia_110054149_XS.jpg
posted by 小谷野 幹雄 at 16:33| 2018年

2018年02月08日

佐々木正さん逝く〜技術のイノベーター〜

小谷野です。

先週、元シャープの副社長佐々木正さんが享年102歳で逝去されました。
世界の先端技術の製品化にどれだけの貢献をされたか計り知れません。

私は、佐々木さんと船井情報科学振興財団(*)の役員として10年以上ご一緒させて頂きました。90歳を超えられても、AI・ロボット・IoTなどの技術的な見識は常に先端であり誰もが脱帽でした。

佐々木さんは、ロケット・ササキと内外で呼ばれました。
集積回路、液晶、太陽電池など新しい技術を先駆けて製品化していくスピードがロケットのようだったからです。
アップルの創業者ジョブズ氏も行き詰まったときに佐々木さんのもとにアイデアを求めて来日していたり、ソフトバンクは佐々木さんがいなかったら存在しない会社であると孫正義氏が全社員の前で公言しています。

孫さんのバークレー大学時代、帰国後の起業に際しても、かけがいのない助言者であったようです。

個人的な回想ですが、1970年代のシャープとカシオを中心とした電卓戦争が昨日のように思い出されます。
当時、計算機は重さが何十kgもあり、価格も大企業しか買えないほど高価でした。
しかしある時、安くて乾電池で動く小さな電卓が登場し、「答一発、イチニッパ!(1万2800円の意味 1972年)」というテレビCMや看板を街中で見かけるようになりました。

当時私は小学校4年生で、地元の市のソロバン大会(全年齢対象)で2位となりましたが、マセガキはこの看板を見て、その年にソロバン塾を辞めてしまいました。
誤解のないように申し上げますが、ソロバンは集中力を高めたり、計算を視覚でとらえる右脳の鍛錬であったり、暗算能力の向上に重要な習い事です。

この電卓戦争でシャープは液晶という難しい技術を大衆化しましたが、その陣頭指揮を執っていたのが佐々木さんでした。

(*)船井情報科学振興財団は、海外の大学院でph.D.を取得するための留学費用の支援を行っている公益財団です。 http://www.funaifoundation.jp/index.html

〜 佐々木さんと同じテーブルにつけて光栄でした、小谷野 〜


20180208ブログ - コピー.jpg
posted by 小谷野 幹雄 at 14:32| 2018年

2018年01月25日

運動しない子供達〜USF財団の感謝の集いより〜

小谷野です。

私が役員を務めるスポーツ財団の感謝の集いがアメリカンクラブで行われました。
財団名はユナイテッド・スポーツ・ファウンデーションといい、スポーツを通じて健康的な社会創造を目指し、特に子供達に様々なスポーツを経験する機会を与えるイベントを全国で数多く展開しています。
http://2017.unitedsportsfoundation.org

この集いには、東京オリンピック・パラリンピック担当の鈴木俊一国務大臣、鈴木大地スポーツ庁長官をはじめ、国内外から金メダリスト等著名なアスリート、スポーツ用品業界の方々に駆けつけて頂きました。

ところで、日本国民の運動不足は深刻なようです。
特に子供達の運動不足は国家的課題だと大臣がスピーチするほどです。
小中学生は体育の授業以外に運動をしない子供達が増えているそうです。

たしかに、体を動かさず、ゲーム機、パソコン、スマホの画面を見つめる時間は昨今異様に感じます。
増える肥満児も運動不足が原因の一つ言われています。
また、高校時代の部活が終わった後の大学生の運動不足も際立っているようです。
東京オリンピック開催を契機に国民の運動時間を増やしたいのが国の意向のようです。

〜 芝刈(ゴルフ)だけが運動でよいのか 小谷野でした 〜


20180124ブログ.jpg
posted by 小谷野 幹雄 at 13:54| 2018年

2018年01月18日

初春大歌舞伎〜高麗屋三世代同時襲名〜

小谷野です。

高麗屋の襲名披露を観るために歌舞伎座に行ってきました。
今回の三世代同時襲名も珍しいですが、37年前も同じ三世代同時襲名があったというのは希有で、歴史の証人になった気持ちでした。

三世代とは、松本白鴎さん(二代目)、松本幸四郎さん(十代目)、市川染五郎さん(八代目)です。

勧進帳で義経役を務めた新・染五郎さんの初々しい演技を見ると、この若者の将来を応援しようという気持ちになりました。

演劇興行のビジネスモデルとして重要な襲名イベントですが、芸能の世界で、同じ名前を300年以上も引き継いでいく襲名行事は世界的に珍しいのではないでしょうか。
さらに一人の役者が、出世魚のように成長に伴って複数の名跡を襲名していく仕組みは趣があります。

ところで、歌舞伎界の名跡は、親子・親族内の継承が多いので、名跡対価のトラブルは少ないようです。
他業界では血族外承継ではしばしばトラブルがおきます。
例えば昨年は相撲界における年寄名跡証書の対価(裁判所評価1億7160万円)が払えず、部屋を閉鎖し相撲協会を退職に追い込まれた親方もいました。

〜 継ぐ名も出世名もない、小谷野でした 〜


1.jpg
posted by 小谷野 幹雄 at 16:04| 2018年

2018年01月11日

AI・ロボット〜布団カバーをつけられるようになるのか〜

小谷野です。

新聞、雑誌、TVで、AIやロボットの話題がない日はありません。
ラスベガスでは、コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)が今週始まりましたが、昔の新型家電製品発表会ではなく、現在は自動車業界、インターネット関連業界の製品発表会の様相を呈しています。

トヨタが、宅配業者の自動配送車にもなり、自動運転のライドシェアの車にもなり、小売業の自動移動店舗にもなる「イー・パレット」を発表していたのが気になりました。

ところで私は、子供の頃から布団のカバー付け作業が苦手です。

「カバーの内側に紐があるでしょう。ずれないように四隅ともカバーと布団を紐で結ぶのよ、後ではずせなくなるから固結びはだめよ、蝶々結びよ、ほら縦側がちゃんとカバーに入っていないわよ。」

昔は母親に、今は女房に、変わらず細かい指示を貰いながら手伝っています。
枕カバーはなんとか自立して付けられるようになりました。
そこで昨今、枕カバーや布団カバーが付けられる繊細なAIロボットができたら便利だなと思うようになりましたが、一方で、そんなモノできたら人間が不要になるのではと恐怖心も覚えます。

〜 影武者ロボットに働かせてゴルフ三昧夢見る 小谷野でした 〜

Fotolia_185314849_XS.jpg
posted by 小谷野 幹雄 at 15:11| 2018年

2018年01月05日

2018年(平成30年)謹賀新年〜戌は笑うのか〜

新年 明けましておめでとうございます。小谷野です。

2018年1月4日大発会(*)は、史上初めて東証1部の時価総額が700兆円を超えました。

バブル絶頂の1989年大納会(*)、私は証券マンでしたが、東証1部の時価総額が600兆円に迫る591兆円(2部市場を合わせると611兆円)で、大いに沸いた若い頃の記憶がよみがえります。
NY株式市場でも1月4日、史上初めてダウが2万5000ドルを超えました。

戌年の相場格言は「笑う」です。
現状での今年の見通しは、暗くなさそうです。

ところで、犬は3日も飼えば飼主への恩を忘れないそうです(猫は3日で忘れるそうです)。
忠犬ハチ公のように、恩はいつまでも忘れないで生きたいものです。
身近なところでは家族への感謝、そして社会ではお客様への感謝、共に働く仲間への感謝の念を忘れずに、棒に沢山あたるように歩き回る1年にしたいと思います。

〜 犬も食わない〇〇喧嘩はしない 小谷野でした 〜


(*)日本の証券取引所における1年の取引初日を大発会(だいはっかい)、取引最終日を大納会(だいのうかい)という。
20180105ブログ.jpg
posted by 小谷野 幹雄 at 11:21| 2018年